「自分のような子どもを減らしたい…」思いとは裏腹に園児からは拒絶され思わず… #ブラック保育園辞めました 13

「ブラック保育園辞めました」第13話。新しい保育園へ移ったはちみつこさんは、意地悪な同僚や園長先生、理不尽な仕事の分担、不審な給料明細など様々な問題に悩まされます。さらに、早番の6:30に勤務を開始しても、皆んなが帰る夜の19〜20時くらいまで帰れない黒井奈保育園。なぜか、はちみつこさんと谷先生は早番ばかりで、2人の勤務時間はとんでもないことになっていました。そんな中、限界が来ていたのは、はちみつこさんだけではありませんでした。ある月曜日、出勤日なのに谷先生が保育園に来ず……。

話を聞きに家まで行くと、謝罪と共に「初めて無理かもしれないと思った」と話してくれた谷先生。はちみつこさんは、前に働いていた保育園の休憩の様子を話しました。思い返すと、前の保育園の休憩中も働いてはいましたが、黒井奈保育園とは比べ物にならないくらい楽でした。「はち先生、私……」

 

月曜日に異変が

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

 

ブラック保育園13

 

ブラック保育園13

 

「大変ですけど、やっぱり1年は頑張って続けようと思います」親の反対を押し切って保育士になった谷先生は、もう少し頑張ってみることに決めたようです。

 

良かったと思う反面、本当に辞めたいのは自分だと気づいた、はちみつこさん。

 

この時は、まだ5月。「入ったばかりで辞められない」と、必死に自分を奮い立たせていました。

 

はちみつこさんが、保育士になった理由は2つ。

1つ目は、両親が共働きで夜家にいなかったので、幼少期に自分が寂しい思いをしたこと。

もう1つは、幼稚園の時に理不尽な理由で先生に怒られたこと。自分は絶対そんな風にはならない!と思ったのです。

 

しかし、今は子どもと一緒に泣きたくなっている情けない自分に、胸を張って保育士です!と言えるのか、不安でいっぱい。

 

谷先生が辞めてしまうのかと思いましたが、残ってくれて良かったですね。でも、はちみつこさんの方が辛そうで気になりますね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターはちみつこ

    男の子2人を子育て中のママ。Instagramでは自閉症スペクトラムの長男についてや、実体験などを漫画にしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶