「月2回の生理が当たり前」だった私。ある朝、激痛を感じ婦人科へ行くと…!?

10代のころから、月に2度くるのが当たり前になっていた私の生理。「毎月ってわけじゃないし大丈夫でしょ」と楽観的に考え、大人になるまで放置していたのです。しかし、29歳のときに別の症状で産婦人科へ受診した際に見つかったものとは……。

「月2回の生理が当たり前」だった私。ある朝、激痛を覚え婦人科へ行くと…!?

 

またきた! 生理は月2回が当たり前

10代のころから年に数回、1週間以上遅れたり、月に2度くることもあった私の生理ライフ。そのうち毎月生理が2度くることが当たり前に……。しかし、同級生にも同じ症状の子がいたので「珍しいことじゃないんだな」と思い、放置していました。

 

それから十数年後。29歳になった私は、朝起きて用を足すときに、排尿痛と腟辺りの痛みを感じるようになりました。しかもトイレットペーパーには鮮血がついています。

 

しばらく様子を見ていましたが、出血は止まらず、少し不安になってきたため産婦人科を受診することにしたのです。

 

卵胞が溜まっているってどういうこと?

産婦人科では尿検査・触診・超音波検査などをおこないました。排尿痛は膀胱炎によるもの、腟辺りの痛みは擦れによるものだと診断されました。

 

大きな病気ではなさそうで少し安心……。気になる出血はいわゆる生理だったらしく、医師によると「状況から見て無排卵月経かもね」とのことでした。

 

実際にエコーに映った卵巣の様子を見ると、小さな丸いビーズのようなものが卵巣に沿うように羅列しています。そして、医師に「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の疑いがあります」と診断されました。

 

治療法もある! 不安がらずに生活しよう

聞きなれない病名を言われ混乱した私。しかし、医師は、多嚢胞性卵巣症候群は珍しい病気ではなく、排卵しにくいものの、治療をして妊娠している女性も多くいると教えてくれました。

 

さらに、妊娠を望む場合は、排卵誘発剤などを用いて治療できること、今すぐの妊娠を考えていない場合は、ピルの服用や生活習慣の見直しをする方法がある、とのことでした。

 

私の場合、排卵している可能性は低いものの、不順でも月に1度の生理があり、今すぐの妊娠は考えていないため、薬物療法などはせずに様子を見ることになりました。

 

状況や考え方で治療は異なるそうで、医師は「妊娠を希望するときや気になることがあれば相談してください」と声をかけてくださいました。

 

現在は食生活や運動などの生活習慣を見直し、ストレスをなるべく抱えないように気をつけています。生活習慣を見直し始めて数カ月経ち、生理が遅れるなどの不順はまだありますが、頻度は少し減りました。

 

そこから状況に大きな変化はありませんが、今後も様子をみて、改善しない場合は受診して相談しようと思います。自分の体を知ることの大切さを知った出来事でした。

 

 

自分の体に無関心だったことや、周りと照らし合わせて自己判断していたことが、自分の病を知るのが遅れた原因でした。今回判明した多嚢胞性卵巣症候群は治療法もあり、あまり不安がらずに済みましたが、これからは定期的に婦人科検診をしようと思います。

 

著者/moveo
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶