「思い知らされました」母から差し出された老眼鏡をかけると予想以上に… #五十路日和 62

「五十路日和」第62話。思わず共感してしまう50代のあるあるをつづった連載マンガ。視力には自信があるおーちゃん。けれど、50代になってからはさすがに裸眼では支障が出ることが増えたようで……。

視力には自信があったけれど

五十路日和 62

 

五十路日和 62

 

五十路日和 62

 

 

五十路日和 62

 

五十路日和 62

 

五十路日和 62

 

 

五十路日和 62

 

こんにちは、孫ラブのおばちゃんのおーちゃんです。

 

目は細いながらも、幼いころから視力だけは落ちることなく、最近まで遠くの文字もすぐ読むことができていました!

 

けれど、40代の半ばから徐々に老眼を感じ始めました……。

携帯の文字は、ピントを合わせると目元から離れ出し、肘を伸ばさなければ読み取れないかもしれないと思うほどです。

 

それでも、日常生活ではさほど支障を感じることなく過ごしておりました。

 

さて50代に入った現在、母に頼まれて申請書類に記入することがあり、眉をしかめながら書き込んでいたところ、だんだんと文字がぼやけてきたのです(涙)。

 

そんな私の様子を見て、母は自分の老眼鏡を私に渡してきました。

 

ついこの間まで、母の老眼鏡は「よくこれで字が読めるね〜! 頭が痛くなってくるわ!」という代物だったのに……。

 

いつの間にか、便利なアイテムへと変化していました!

 

老化に加えてスマホの見過ぎなのか、老眼の加速は予想以上だと思い知らされた出来事でした。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターおーちゃん

    孫ラブおばさん。10歳年上の夫と2人暮らし。長女(29歳)、次女(27歳)、長男(24歳)の3人の母親で、6歳の孫を溺愛中。Instagramとブログで家族の話を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶