寒さに耐えられない私と、お祭りから帰りたがらない子どもたち。そこへ見知らぬ若者たちが驚きの行動に…!

新型コロナウイルスが流行して2年以上が経過し、中止されていたイベントやお祭りがようやく人数制限なしで開催されるようになりました。夫が仕事のため、私は5歳の息子と3歳の娘を連れて、いわゆるワンオペでお祭りに向かいました。2年ぶりのお祭りということでテンションが上がる子どもたち。娘に至ってはほぼ初めてのお祭りです。私自身も久しぶりのお祭りにワクワクしていました。しかし、2人の子どもを連れてのワンオペはなかなか難しい面も。けれどもそんな私たちを、若い人たちが助けてくれたのです……!

 

人ごみに埋もれてしまう息子

お祭りでは鮮やかな台車が次々に町中を巡行。沿道は多くの人で賑わっていました。私1人では娘を抱っこするので精一杯で、息子は人ごみに埋もれてしまい、台車を見ることができません。近くに見晴らし台があり、20代前半くらいのお兄さんが1人で見ていました。

 

私は「すみません。この子も一緒にいいですか?」と声をかけました。するとお兄さんは「いいですよ。さぁ登っておいで!」と息子を抱き上げてくれたのです。さらに息子が落ちないようにずっと支えて見てくれていました。

 

娘の鼻水に気付かずにいると…

お兄さんにお礼を言い、別の場所に移動しました。今度は座れる場所でジュースを飲みながらお祭りを見ていたときです。娘が鼻水をダラダラ流していました。私はそれに気付かずに息子との会話に夢中。

 

すると横に座っていた10代くらいの2人組のお姉さんが、私に声をかけてサッとティッシュを出し娘にどうぞと渡してくれました。私がお姉さんにお礼を言うと、お姉さんたちは「いいですよ。かわいい~」と言ってやさしく子どもたちに微笑んでくれました。

 

寒くなってきたら

お祭りは夜まで続き、夜はライトアップされてまた美しい台車を見ることができます。しかし、日中と夜では寒暖差が激しく、寒さに耐えられず私は子どもたちに「帰るよ」と言いました。しかし、子どもたちは「まだお祭り見たい!」と帰ろうとしません。

 

すると隣りに座っていた若いカップルが「これ使ってください」とブランケットを貸してくれたのです。私はお礼を言って早速子どもたちにブランケットを羽織らせました。フワフワで温かいブランケットと同じくらいに温かいカップルの心づかいにとても救われました。

 

 

今回助けてくれた方たちはみなさんオシャレでイマドキの若者といった風貌でした。ワンオペで困っていた私に、どの方も当たり前のように自然に手助けしてくれてほっこり。おかげでお祭りを最後まで子どもたちと楽しむことができました。わが子たちもこんな若者になってほしいと思ったエピソードです。

 


著者:都 うめこ

4歳男児と2歳女児のアクティブ転勤族ママ。趣味は公園巡りで、現在公園レポートを20本以上と育児に関する記事を執筆中。元銀行員でFP資格保有。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶