「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

【妊娠したら癌になった話 第5話】ある日、妊娠が判明した月野ねこさんは、夫と「やった〜! 3人目だね」と喜び合いました。しかし、後日に婦人科を受診し、超音波検査や内診を受けたところ、医師に「残念ですが…異常妊娠です」と言われてしまい…。

 

【前回のあらすじ】個人クリニックの医師に「残念ですが、赤ちゃんは育ちません。胞状奇胎(ほうじょうきたい ※1)です」と言われてしまった、月野ねこさん。大きな悲しみに耐えながらも、2度にわたる子宮内容除去手術(いわゆる中絶手術)を受けました。しかし、手術から2カ月が経過しても、HCG(※2)の数値が下がらず、個人クリニックの医師に「総合病院に転院して精密検査を受けてください」と言われてしまい……。

 

※1=胞状奇胎は、異常妊娠・絨毛性疾患の1つ。本来は胎盤になるはずの絨毛が異常増殖し、ぶどうのような粒がたくさん子宮内に発生する。
※2=ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン。妊娠初期に受精卵から尿中に分泌され始め、妊娠10週でホルモン値がピークになるが、通常ではその後、HCG値は下降する。

 

※月野ねこさんご本人の体験談ですが、作中での月野ねこさんは“豆田あんこ”という名前になっています。

 

「異常なし」と言われても不安が残ってしまう

「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

 

「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

 

「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

 

「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

 

「う〜ん、異常なしだねぇ」え!?体には確実に異変が起きているのに… #妊娠したら癌になった話 5

 

先日、個人クリニックの先生に言われた通り、紹介状を持って総合病院を訪れた、月野ねこさん。総合病院では、覚えきれないほどたくさんの検査を受けました。そして、気になる検査結果は……医師いわく「どこも異常なし」とのこと。このときのHCG値は前回個人クリニックで検査したときと比べて上がっても下がってもいなく、「とりあえず、今後の様子を見てみましょう」と言われ、翌週も受診することに。

 

病院からの帰り道、「先生はああ言っていたけど、私の体、本当に大丈夫なのかぁ」と、不安になってしまったねこさん。確かに、胞状奇胎のうち、約10%が侵入奇胎に、約1%が絨毛がんに進展すると言われています。「HCG値の異常が続いているのは、何か体に悪いことが起こっているサインかも。これ以上悪くなったらどうしよう」と、どうしても悪い方向に考えてしまったそうです。

 

そしてこのあと、残念なことに、ねこさんの悪い予感は的中してしまったのでした。

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター月野ねこ

    月野ねこです。インスタで漫画を描いています。漫画やイラストのご依頼お待ちしています♩

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶