「この人まじか」人として終わってる!別れるかどうかの瀬戸際で、彼が衝撃発言! #トンデモ婚約破棄 50

【トンデモ男と婚約破棄した話 第50話】幸せな家庭を築くことが夢だった、うみさん。当時付き合っていた彼と婚約したものの、なかなか進まないどころか、一緒にいればいるほど彼のトンデモぶりが露呈して……。実体験を元にした婚約破棄マンガです!

結婚を控えたうみさん。彼都合で結婚式が高額プランになり、もっと貯金しなくちゃと奮闘する日々。しかし同棲を始めると、彼は家事を押し付ける上に酷評して罵倒し、うみさんは心を病んでしまいました。そこに、彼の話がウソばかりだったことに加え、1年前から決めていた入籍予定日に、彼が友人と旅行を計画していることも発覚。「もうムリ」と思ったうみさんは、彼と距離を置くことを決めました。離れる前、うみさんは最後のチャンスとして「どんな夫婦になりたいか、相手にどんなことを求めているのかを本音で話そう」と提案したら、「家政婦みたいな女がいい」という返事が返ってきて――。

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第50話

 

悪びれる様子もなく「家政婦みたいな女がいいって気づいた」と言う彼に対し、うみさんはもう笑うしかありませんでした。やり直せるとしたら、これが最後のチャンスかもしれないと思っていた話し合いの場でこんな発言をするなんて、人として終わってるな、そして自分と向き合うつもりがもうないんだなと感じたのです。そして、自分は家政婦みたいになるのは無理、それに納得できなければ別れるしかないとはっきりと言い、お互いにお互いが相手でいいのか、本気で考えようと彼に告げたのです。

 

本当に信じられない発言をする彼ですね。でも、彼が結婚相手に対して思っていること、彼がうみさんに対峙する態度など、うみさんは結婚する前に気づけてよかったのかもしれません。あなたなら、こんな発言をするような人と、結婚したいと思いますか?

 

 


 

うみさんのマンガは、このほかにもInstagramで読むことができます。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターうみ

    30代の独身。職業はグラフィックデザイナー(+イラストレーター)。嫌なことが起こりすぎて、つらい出来事を浄化するためにマンガをかき始めました!楽しんで読んでくださる方がいらっしゃったら……救われます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      「家政婦みたいな女」で何故生活費折半って出てきたんだろう?
      家政婦ならお金を渡したら家事をやってくれる人じゃないの?

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶