「ニコニコしている赤ちゃんが羨ましい」激しく泣きわめく娘。まるで責められているかのように感じ…

2020年4月生まれの女の子・はーちゃんのママ・たままま(@decoboco.tama)さんが描く、ゆるゆる子育て記録。育児の理想と現実のギャップや、夫婦のリアルな生活をマンガでお届けします! かんしゃくがひどく基本的に泣いている赤ちゃんだった、はーちゃん。今考えると、「いつもと違う」のがよく分かる子だったのかも。気づけばもう赤ちゃんのかわいい泣き声を聞きたくなっている……

はーちゃんが0歳のころ。

かんしゃくがひどく、基本的に泣いている赤ちゃんだったそうです。

 

ニコニコしているお友だちの赤ちゃんが羨ましく、

自分が生きている感覚さえなくなっていくような気がしていたという、たまままさん。
 

ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

 

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった

 

あの時の私は、ニコニコしている赤ちゃんが羨ましかった


きっと感覚が研ぎ澄まされていたから、「いつもと違う」ということがよく分かる子だったのかもしれない……とたまままさんは振り返ります。

 

もちろん、はーちゃんが2歳になった今も泣き声を聞き続けるのはつらいそうですが、

「イヤ」の理由が分かるぶん精神的にはラクになったそうですよ。


あのころはあんなにつらかったはずのなに、いつの間にか良い思い出になってしまうものですね。

 

 

SNSのコメント欄でも、
 

「私もすっかり忘れてしまって、記憶の中ではうちの子たちのイヤイヤ期がなかったことになっている……」
 

「かわいさもめちゃくちゃ分かってるから、泣いている印象のほうが大きくなっちゃうんだよね」
 

「うちも四六時中泣いていたので共感しました。まだはっきり覚えているけど、今ならもう少し柔軟に対応できる気もしなくはないです」
 

大変な時期を乗り越えてきたはずなのに、いつのまにか美化されている方が多い様子。

 

今まさに大変な日々を過ごしているママ・パパも、いつかこの瞬間のことを思い出し、もう二度と見ることができないお子さんの姿に愛おしさを感じる時がくることでしょう。

 

新生児育児、イヤイヤ期の子育てに奮闘する保護者のみなさま、一緒に乗り越えていきましょう♪
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターたままま

    2020年4月生まれの女の子・はーちゃんのママ。育児の理想と現実のギャップや、夫婦のリアルな生活を描いたマンガをInstagramで投稿している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶