「面倒な親と思われてもいい」学校であった息子の事件について、先生と話し合いをしたところ… #息子が学校で冤罪に…? 11

【息子が学校で冤罪に…? 第11話】ある日、たぷりくさんの息子くんが学校から帰ると、「やってないのに先生に怒られた」とたぷりくさんに話し始めました。話を聞くと、たぷりくさんの息子くんと息子くんの友人たちが「人の家の木を折っていた」ということで先生に激しく怒られたそう。身に覚えのないことだったにもかかわらず、息子くんたちは、怖さのあまり「自分たちがやった」と先生に言ってしまいました。たぷりくさんは夫の帰宅後、息子くんの学校であったことを話し、夫婦で学校に行くことに。校長先生に相談後、たぷりくさんは、担任の先生とも今回の出来事について話し合いました。

改めて考えさせられたこと

学校で先生と話し合ってから、先生は息子関連でトラブルがあると、連絡をくれるようになり……。

 

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

たぷりく 息子が学校で冤罪に…? 10話

 

担任の先生から息子のことについて連絡が来るようになり、「学校に行ったのもあって、深刻に受けとめてもらえたのかな」「今後の子どもたちへの関わり方を、考えてもらえたらいいな」と思いました。

 

また、今回のお話を書き始めてから、「同じ経験をした」というコメントが来て、「面倒な親だと思われてもいいから、話に行ってよかったな」と感じました。

 


今回のたぷりくさんの息子くんの事件を通して、普段保育園の先生として働いている、たぷりくさんは「先生という立場である大人が、子どもにどれだけの影響を与えるのかを改めて考えさせられた」と書いていましたね。先生だけでなく、大人も「自分が子どもに与える影響」を意識しながら接していかなければなりませんね。

 

たぷりくさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターたぷりく

    2011年生まれのすー太郎、2014年生まれのいーちゃん、2017年生まれのくー太郎の2男1女、はちゃめちゃな3きょうだいを子育て奮闘中の保育士ママ。保育園や育児の体験談マンガでママの心を掴み、Instagramではフォロワー約 7.9万人と人気(2022年10月時点)。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶