「揚げ足取りに聞こえるんだよ」小さなすれ違いで、険悪な雰囲気に。夫に今までの不満を聞いてみたところ… #ソフロロジー分娩 産後クライシス編 4

【ソフロロジー分娩で長男を出産しました 産後クライシス編】第4話。結婚2年目で長男・のりまきくんを妊娠し、リラックスした状態で痛みを和らげてお産に臨むことを目的とするソフロロジー分娩を推奨している産院で出産した、おおやたまこさん。のりまきくんを出産後、おおやたまこさんは家事・育児の仕方を言った通りにしてくれない夫・たま夫さんに苛立つように。そこで、おおやたまこさんは、たま夫さんに対して思ったことをそのまま伝えるようにしました。

夫との関わり方を意識するようになり…

私は冷静になって、夫が不満に思っていることを聞いてみると……。

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 4話

 

夫の気持ちをしっかり聞くと、私が言った通りにやらなかったのは理由があったり、理解していない部分があったとのことでした。

もちろん私自身、納得がいかないところはたくさんありましたが、まずは自分の悪かったところを認めてから、その上で「〇〇だったんだよ」と伝え、「悲しかった」と自分の気持ちを話すようにしました。

 

また、お互いに感謝することなどができていなく、夫も私に不満が溜まっていたんだと思います。「直して」と言われてもどうしても直せない部分があるのは、みんな一緒なのに、私は「直せないこと」を責めていたのだと思い、考え方を改めました。
ただ、「諦める」とか「我慢」してしまうなど、一方が耐えてしまうと、いつか本当に嫌いになってしまいそうなので、そうならないように夫に「一度、自分の言動を振り返ってほしい」と伝えました。


夫・たま夫さんとの関係を改善するため、自ら歩み寄ったおおやたまこさん。おおやたまこさんは、たま夫さんの意見に賛同できなくても、自分の悪いところも一回認めた上で、自分の意見を言うことを意識していましたね。

 

相手の立場を考えて話すと、同じ内容でも相手の受け取り方は変わるもの。自分がいっぱいいっぱいになったときこそ、相手のことを考えて伝える努力をしていきたいですね。

 

 

このほか、おおや たまこさんはさまざまなマンガをInstagramで更新しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターおおや たまこ

    のりまき(2020年4月生まれ)とおにぎり(2022年5月生まれ)の2歳差兄弟の育児に奮闘中。InstagramとTwitterでずぼら主婦と家族の日常をマンガでつづっている。普段は仕事でデザインやイラストを描いたりもしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶