「生理痛みたいな痛みが…」夜になると、ズキズキとした痛みに襲われて… #初産で帝王切開 4

「#初産で帝王切開」第4話。正期産の時期に入っていたにも関わらず、赤ちゃんがまったく生まれる兆しがなかったぬぴさん。妊娠39週の健診のとき先生に相談をすると、「開くときって一気に開くから、あんまり気にしなくていいよ」と言われたあと、「赤ちゃんは3kgは超えているね」とひと言。それを聞き、驚いたぬぴさんは「早く産みたい」と思うように……!

翌日から運動などを取り入れ、早く生まれるようにと働きかけるのですが、実際は何も起こらず……。ただ日にちだけが過ぎていったのでした。

 

妊娠40週の健診のとき、先生に「生まれません」と訴えたぬぴさん。

 

すると、先生から誘発分娩の提案をされます。

 

誘導分娩について説明を受けると、実行する日を決めたのでした。

 

そして、ついに妊娠41週0日に突入したある日のこと。

 

突然下半身からじわっと何かが漏れた感覚を覚えました。

 

さっそく確認するため、トイレへ駆け込むのですが、出血ではありませんでした。

 

(でもしっかりパンツ濡れたなぁ……)

 

そう思いながら、念のため病院に電話をすると、「破水かもしれないので今すぐ来てください」と言われ、急いで病院へ向かうことに。

 

ぬぴさん自身も「いよいよ出産できる」と思い、心構えをしていたのですが、病院で内診を受けると、破水ではないという結果に……。

 

「あとNST(ノンストレステスト)して、赤ちゃんが元気か確認したら帰っていいよー」

 

助産師さんからそう言われると、ぬぴさんはさっそく帰る支度を始めるのでした。

 

なんだか家に帰る足取りが重くて…

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

 

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

 

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

#初産で帝王切開 4

 

(あんなにエールもらったのに、家に帰るの恥ずかしい)

 

そう思いながらも、結局この日は帰宅することに。

 

するとその日の夜、生理痛のような痛みが

ぬぴさんを襲ってきたのです。

陣痛タイマーで間隔を測っていると、その間隔は10〜15分ほど。

産院からは「定期的に10分間隔の痛みが来るようになったら

電話してね」と言われていました。

 

そのため、(まだ痛みも我慢できるし、どうせ明日入院だしな……)と

思っていたぬぴさんは、痛みをそのまま我慢することにしたのでした。

 

 

翌日が入院日だったということもあり、「これくらいなら耐えられる」と思ってしまったのかもしれませんね。間隔も病院から言われた間隔と若干ですが、異なっていたため余計にそう思ってしまったのではないでしょうか。しかし、痛いのを我慢するのもつらいですよね。皆さんがぬぴさんだったら、今回の場合どうしますか?


監修/助産師  松田玲子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぬぴ

    息子・ぽこ(2021年10月生まれ)と夫・きよし(自衛官夫)との3人暮らし。クスッと笑える日常マンガや、あるある育児マンガなどを描いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶