「残された時間はない…」本能的に感じ取った私は… #真冬の車内で出産した話 4

【真冬の車内で出産した話 第4話】3人目を妊娠中の優花さん。突然、出産の兆しが見られ、慌てて病院へ向かうことに。しかし、車に乗り込もうとしたときに破水……。そのまま病院へ車で走っていたときのお話。

もう時間がない…!

真冬の車内で出産した話 4

真冬の車内で出産した話 4

真冬の車内で出産した話 4

真冬の車内で出産した話 4

 

真冬の車内で出産した話 4

真冬の車内で出産した話 4

真冬の車内で出産した話 4

 

真冬の車内で出産した話 4
真冬の車内で出産した話 4

バシャッと何かが漏れた感覚とともに襲ってくる陣痛……。すぐに破水したことに気づき、本能的に出産まで時間が残されていないことを感じたという優花さん。洋服や車のシートが濡れたまま病院へ向かうことにしました。しかし、走り出した車の振動で陣痛が再び襲ってきたため、優花さんはある行動に出ることに……。

 

2人を出産した経験から、本能的に感じ取れる何かがあるのかもしれませんね。何よりも、優花さんも赤ちゃんも無事であることを祈らずにはいられません……。

 

監修/助産師 松田玲子

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあおば

    ワーママで2児の母。毎日なんとかなるさ精神で生きています。精神安定剤はココア。主にブログとインスタを中心にマンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    25 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶