「あんたはどんくさいからね」子どものころから大人になってまでも言われ続けた、母からの呪いの言葉は…

「全力!丸田マノのドタバタ育児奮闘記」第2弾を紹介します。

丸田マノさんは、子どものころ、お母さんから「あんんたはどんくさいからね」と言われて育ちました。その言葉は、ふとしたときに頭をよぎります。そして、そのとき、丸田マノさんの体はピタッと止まってしまうのです。さらに、「できる」というイメージもどんどん消えていくのを感じていました……。

 

「できない」の刷り込み

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 2

 

丸田マノさんがお母さんに言われてきたこと。

 

「あんたはどんくさいからね」

 

子どものころから、大人になっても言われ続けました。

 

この言葉を思い出すたびに、「私にはできない」と思ってしまい、何かにチャレンジすることを躊躇してしまいます。

 

そこで丸田マノさんは、わが子にはそんな思いをさせまいと、この言葉を言わないようにしてきました。そして、チャレンジ精神を阻止しないと決めました。

 

それは子どもが何回やってもできないときも……。

 

できるイメージを消さずに、「できるよ」と声をかける。

 

そう伝えることが、「できる」につながると、丸田マノの母さんは確信しているのでした。

 

◇  ◇  ◇

丸田マノさんのお母さんは、もしかすると、子どものためを思ってかけた何気ない言葉だったのかもしれません。しかし、幼い子どもには、お父さんお母さんの言葉は影響力が大きいですよね。日々の忙しい子育て中はなかなか難しいですが、子どもの可能性を広げられるような、ポジティブな声がけを心がけたいと、考えさせられますね。

 


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター丸田マノ

    横浜に住む音楽が大好きな、年子を育てる母です。子どもたちが大きくなったら「ヘドバンは腰から。ストレッチも重要。」を家訓にしようと考えています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶