「幼稚園に通わせたら?」周囲からのアドバイス。それでも私が1年間、幼稚園に入園させなかった理由はただ1つ…

「全力!丸田マノのドタバタ育児奮闘記」第3弾を紹介します。

年子を育てている丸田マノさん。大変そうな育児の様子を見て、上の子が3歳になると、周囲は幼稚園への入園をすすめてくることがありました。それでも、丸田マノさんは幼稚園にはいかせませんでした。

その理由はただ1つでした……。

 

入園させなかった理由は…

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

全力!まるたまの母のドタバタ育児奮闘記 3

 

丸田マノさんは、周囲の人たちから「年子は大変だから幼稚園に通わせたら」と4年保育をすすめられることがありました。しかし、4年保育には入園させませんでした。

 

理由はただ一つ、丸田マノさんが寂しかったからでした。

 

毎日の公園や、図書館でお絵本選び、夕方のおやつタイム、子どもたちと一緒に過ごすその時間は、丸田マノさんにとって愛おしい時間だったのです。

 

年子の子育ては確かに大変。だけれど楽しくて仕方がないと感じていたのです。

 

たとえ子どもたちの記憶に残らなくても、丸田マノさんの中で幸せな思いでとして残ればいい、そう思いながら1年を大切に過ごしたのでした。

 

◇  ◇  ◇

子どもの入園のタイミングは、家庭によってそれぞれ違うけれど、丸田マノさんのように寂しく感じるママは多いのではないでしょうか。入園までの親子だけの時間、毎日を大切に過ごして思い出がたくさん作れると良いですね。

 


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター丸田マノ

    横浜に住む音楽が大好きな、年子を育てる母です。子どもたちが大きくなったら「ヘドバンは腰から。ストレッチも重要。」を家訓にしようと考えています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶