「うちの子が…」意地悪を受けたことを相手の親に隠した先生と話していると驚愕の… #僕は加害者で被害者です 最終話

「僕は加害者で被害者です」最終話。小学2年の息子・フミヤは、傷付けてしまったお友だち・モリオくんに、いじめられていたことが担任の先生の聴取により確定。しかし、モリオくんへの両親に意地悪の件は報告しないことに。それは、家庭では被害者であるかもしれないモリオくんを守るためだと教頭先生が担任の先生に説明します。

フミヤはモリオくんと仲直り後、元気に学校に通うように。フミヤの母は安心しつつも、モリオくんの両親がフミヤのことを加害者の認識のままだと思うと、モヤモヤする気持ちが残ります。そして、ある日フミヤの忘れ物を届けに学校に行くと、校門の前で教頭先生に会い……。

 

ギクシャクしているフミヤの母に教頭先生は

僕は加害者で被害者です49_1

 

僕は加害者で被害者です49_2

 

僕は加害者で被害者です49_3

 

 

僕は加害者で被害者です49_4

 

僕は加害者で被害者です49_5

 

僕は加害者で被害者です49_6

 

 

僕は加害者で被害者です49_7

 

僕は加害者で被害者です49_8

 

忘れ物を託すフミヤの母に、教頭先生は話しかけます。

 

「私たち教師はすべて把握してますからね。もうあんなことが今後内容に、見守っていきます」

 

先生の言葉にフミヤの母は、ようやく気持ちがほぐれ、「あ、はい。よろしくお願いします」と答えていると……。

 

「……あ」

 

遠くからフミヤとモリオくんが笑顔で話している姿を見つけます。

 

最初はひどい話し合いだった。フミヤはひどい目にあった……。

 

けれど、せめて子どもたちはどうか健やかに、明るい未来であってほしい。

 

フミヤの母は心からそう思ったのです。

 

自分の子どもが加害者でもあり、被害者でもあった今回の事件。すべてをスッキリと解決することはできませんでしたが、子どもたちの幸せで明るい未来を祈りたいですね。
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    29 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      まあDV男は多分 今後何かして来る事はないと思うけどね。 子供に関心がある良い父親 ってアピールするために 他人を怒鳴っただけで 本心では息子に対して関心もないし 息子の周りにも関心はないから 一度し… もっと見る
      まあDV男は多分
      今後何かして来る事はないと思うけどね。
      子供に関心がある良い父親
      ってアピールするために
      他人を怒鳴っただけで
      本心では息子に対して関心もないし
      息子の周りにも関心はないから
      一度しか会ってないフミヤの顔も
      覚えてはいないだろうし。

      現実、子供を想って怒鳴る親はそういない。
      自分がストレス発散したいとか
      自分がイラついたから怒鳴ってるだけ。
      本当に子供を想って怒りが湧いて来る親は
      他人の子供に理解して貰えるように
      伝わるように普通に話すもん。
      +19 -9
    • 通報
      子供たちには良かったねと思う一方で、あの親父は何も知らず今も自分が正しいと思ってるってわけだ。なんかモヤモヤするなぁ… 
      +238 -3

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶