「ひどい嫁ね…」義母のせいで何も知らない他人から責められたママがついに…!? #義母と戦ってみた 30

「義母と戦ってみた」第30話。休みを使って義実家を出るための荷物整理をした夫は、単身赴任先へ戻っていきました。一方のサキは、本格的にパートへ復帰。しかし、義母と近所で仲が良いおばさんが話しかけてきたかと思うと……

「家を出たんだって?」と突然プライベートな質問をしてきました。さらに驚くことに、“家事を義母へ押し付け、サキは義実家で何もしなかった”と義母があることないこと、いろんな人に言いふらしているようで……!?

 

義母を“いい人”と言うご近所さん…

義母と戦ってみた第30話_1

 

義母と戦ってみた第30話_2

 

義母と戦ってみた第30話_3

 

 

義母と戦ってみた第30話_4

 

義母と戦ってみた第30話_5

 

義母と戦ってみた第30話_6

 

 

義母と戦ってみた第30話_7

 

義母と戦ってみた第30話_8 

 

 

パート先で義母の知り合いに会うたび、身に覚えがないことで責められ、嫌味を言われるようになったサキ。

 

さらに、義母と生活圏が被っているためパート先のみならず、帰りにも陰口を言う近所のおばさんに遭遇することも……。

 

「あの……何ですか?」

サキが話しかけると、

「どうしてお姑さんとお孫さん会わせてあげないの?」

「そうよ! ひどいわね! あんなにいい人じゃない」

他人には“面倒見のいい人”と思われている義母の肩を持つおばさんたち……。

 

何の事情も知らないのに責めてくる人たちにイライラしたサキは、

「私たち家族の問題なんです!」

と言って逃げるようにその場を離れました……。

 

 

孫差別をして気に入らない長女には手まで上げようとする義母の実態も知らず、若いというだけで偏見を持って嫌味を言ってくるおばさんたち……。陰口や嫌味を言うこと自体が悪いのは当然ですが、何も知らない他人が家庭の事情に首を挟むなんてもってのほかですよね……。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターとりまるねこぽちゃ

    とりまると、ねこぽちゃの2人で描いています(どちらもオタク)。Instagram、ブログなどで体験談や失敗談、絵日記などを更新中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    61 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶