赤ちゃんもママも負担が少ない!お宮参りは近所の神社がおすすめ

2016/12/15 10:00
12
お宮参りの神社はどこにしたらいいかについてお話しします。お宮参りとは、赤ちゃんが生後1ヶ月ごろに行う行事になります。赤ちゃんの誕生と健康を祝うものです。神社へ行きお賽銭とお参りをするだけでも構いません。有名な神社や、実家の近くの神社にと考える人もいますが、何かあったときにはおうちに帰れる家の近くの神社がおすすめです。また、氏神様に赤ちゃんをおひろめする意味合いでもいいことですね。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お宮参り

 

赤ちゃんが生まれるとたくさんの行事をすることになります。その1つがお宮参り。神社へのお参りや写真撮影、祖父母との食事などを行うのが一般的です。今日は赤ちゃんとママにとって負担の少ないお宮参りについてご紹介します。

 

お宮参りとは

お宮参りは、赤ちゃんが生後1ヶ月ごろに行う行事になります。赤ちゃんの誕生と健康を祝うものです。神社へ行きお賽銭とお参りをするだけでも構いません。祝詞(のりと)を上げてもらう場合には、事前に連絡をしていきましょう。

 

祝儀袋の上段には「御初穂料」もしくは「御玉串料」と書き、下段には赤ちゃんの姓名を書きます。金額は5000円から1万円が一般的ですが、連絡をするときに金額についても聞いておくと安心です。

 

赤ちゃんにとっても初めてのお出かけ

1ヶ月健診以外で生後1ヶ月ごろの赤ちゃんが外出するのはお宮参りくらい。慣れない環境にさらされるとぐずってしまう赤ちゃんもいると思います。赤ちゃんの体調がすぐれない、雨や雪など天候が悪い場合は日程をずらした方が安心です。

 

赤ちゃんの機嫌のいい午前中がベスト。授乳やミクルの時間も考えて、おなかが満たされている時にできるといいですね。

 

ママも産後1ヶ月なので無理は禁物

赤ちゃんだけでなくママも産後1ヶ月と出産から間もない時期です。慣れない育児や授乳をしながらですので、有名な神社や自分やパパが行った神社など縁がある神社に行こうと考えることもあるかと思いますが、無理はしないようにしましょう。

 

この時期は赤ちゃんにとってもママにとっても長時間のお出かけは大変です。またお出かけ慣れもしていないので、アクシデントに対応するのも大変。何かあったときにはおうちに帰れる家の近くの神社がおすすめです。また、氏神様に赤ちゃんをおひろめする意味合いでもいいことですね。

 

 

写真撮影をする場合、ママは新しい洋服を買おうと考えるかもしれませんが、授乳中は胸が大きくなっていますし、まだ体型が完全に戻りきっていないこともあると思いますので、手持ちのお洋服で済ませられると節約にもなります。(TEXT:サトウヨシコ)

 

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。