お宮参りの時期はいつ?場所は?祝い着などの衣装や家族の服装などについて

25

赤ちゃんのお世話は大変ですが、あっという間に成長してしまうのでとても貴重な時期です。赤ちゃんが主役のイベントをきちんとして、いい思い出として残したいですよね。今回はそのイベントの一つであるお宮参りについて、服装や時期などをご紹介します。

 

 

お宮参りはいつ行く?どこへ行くべき?

お宮参りというのはその土地の守り神に、子供の誕生を報告して健康や幸せを祈ることで、産神詣・産土詣などと呼ばれます。

お宮参りの日は地域によりますが、生まれた日を一日目として数え、男の子なら生後31日、女の子なら生後32日というところが多いようです。

しかしその日に行かなくてはダメだということはありません。だいたい生後一ヵ月頃に行けば良いのです。

 

母親の体調が良い時や、行きやすい気候や天候の時を選ぶといいです。生後一ヵ月頃が真夏や真冬などで赤ちゃんを外出させるのに不向き、また母親の身体に負担がかかる時は、時期をずらしても構いません。

また大安が良い、仏滅は外すなどの決まりもありません。生後半年以内が目安です。

 

お宮参りの場所は、赤ちゃんを連れて行きやすいよう、なるべく近場の神社にしましょう。そこで祈祷をするなら事前に予約をしておくといいです。

神社へのお礼は紅白の蝶結びの熨斗袋に「初穂料」や「玉串料」などと記載し、下には赤ちゃんの名前を書きます。

料金は神社により異なります。神社のホームページに載っていることもあるので、事前にチェックしておいたり、予約の際に聞いておくのもいいでしょう。

 

 

お宮参りに着る服装は?

お宮参りにはスーツや和装など、フォーマルな服装で行きます。どちらで行くか事前に決めて、一緒に行く人達は揃えておきましょう。

 

●和装で行く場合

和装で行く場合の赤ちゃんの服装は、男の子なら黒地に鷹などの絵の熨斗目広袖、女の子なら赤地に絵羽模様などの友禅広袖の祝い着をかけます。

子どもを抱く父方の祖母は黒留袖か色留袖にし、母親は訪問着か色無地などを着ます。父親や祖父は和装でなく、ダークスーツで行くのが一般的です。

 

昔は、お産は不浄なものとみなされていたので、産後の母親でなく父方の祖母が赤ちゃんを抱くのが慣例でした。しかしそんな正式な形にできない場合もあります。現在は母親が抱いても問題はありません。

 

●洋装で行く場合

洋装で行く場合には、赤ちゃんは男女共にベビードレスでおくるみやケープを巻いて、祖母や母親はスーツやワンピースで行きます。祖父や父親はダークスーツを着用します。

 

赤ちゃんのきょうだい は大人が洋装でも和装でも、一般的な子供用フォーマルスーツを着ていくといいです。

フォーマルスーツを持っていなくても、普段着は浮いてしまうのでやめておいた方がいいでしょう。ベストなどきれいめの服装で行くといいです。

 

お宮参りの服装の決め方として、母親は産後で体型が戻り切っていない場合が多いので、その時の体型でも無理なく着れる服を選んだり、授乳のしやすさを考えて衣装を決めるのもいいかもしれません。その場合は周りの人には母親が決めた服に合わせてもらえるようにお願いしておくといいです。

 

●写真館を利用すると衣装の用意が楽になる

写真館でお宮参りの写真を撮るなら、お宮参り当日の衣装をレンタルさせてくれるお店もあります。

今風のお洒落な衣装がレンタルできることや、赤ちゃん以外にきょうだい の衣装も貸してくれる場合があるのでおすすめです。

また写真撮影とお宮参りを同日にしなくても大丈夫です。同日にすると赤ちゃんは疲れてぐずってしまうこともありますので、写真撮影は別の日に行い、当日はお宮参りのみにすることで赤ちゃんの負担を少なくすることができます。

 

 

お宮参りのお祝いをもらったら?

お宮参りの時にお祝いをもらう場合もあります。

お祝いの相場は5,000円~10,000円で、お祝いを渡してくれるのはごく親しい身内だけの場合が多いです。

お宮参りの後で、その方々と食事会をすることもあると思いますので、お祝い金のことも頭に入れて食事会を開くといいです。

 

食事会をするのにお店を予約する場合、個室で赤ちゃんを寝かせておける座敷がある上品なお店がおすすめです。生後一ヵ月くらいの赤ちゃんは泣くことが多いので、個室なら周囲の目をさほど気にせずに過ごすことができます。

 

食事会をゆっくりとしたいなら自宅でするのがおすすめです。仕出しの祝い膳を宅配してもらったり、赤飯を炊くのもいいです。

 

 

まとめ

赤ちゃんの初めてのイベントであるお宮参りをするのに、伝統を守ろうと無理をしないようにしましょう。可愛い我が子の初めてのイベントですが、大事なのは赤ちゃんの幸せを祈ることです。

生後一ヵ月くらいはお母さんも寝不足で疲れやすいことでしょう。できるだけ体に負担のないように、お宮参りを楽しんでくださいね。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆生後1~2か月に関するQ&A

 

 

◆お宮参りの体験談

一ヶ月検診が終わった週末、両家の両親と安産祈願を行った神社へ行きました。夫と両家の親はスーツ、私は授乳が出来るワンピース、上の娘はワンピースにレギンス。主役の下の娘は少し高めのツーウェイドレスでした。貰い物のベビードレスはあったのですが、上の子の時も邪魔そうで(笑)着せなかったので下の子も着せませんでした。参拝後は個室のある中華料理のお店で食事会をしました。本当は和室個室が良かったのですが、七五三のシーズンと重なり予約が取れませんでした。お料理が美味しかったし、ベビーカーでほぼ寝てたので問題ありませんでした。

Name さん

お宮参りは生後1ヶ月過ぎた、日曜日に義理父、母、主人、私で行きました。近くの神社へ予約をし祝詞をあげてもらいました。初穂料などわからないことばかりでしたが、義理母に教えてもらい勉強になりました!夏場だったので半袖の通気性がいロンパースを着せて写真撮影の時だけ産着をかぶせました。産着は家紋入りで作って頂きました。写真館での撮影は日曜日は予約がいっぱいだったので別日になりましたが結果的に生後1ヶ月の赤ちゃんを長時間連れ回さず済んだので別日で正解でした☆

たいがママ さん

午前中に記念写真を撮影してから、午後お詣りに行く予定でしたが、店員さん二人と夫と私、義母の五人がかりで話しかけたり、音を立てたりしても、全く起きてくれず撮影に三時間もかかってしまいました…。その後私たちの昼食もままならない状態でお詣りへ…。よく思い出してみるとこの1ヶ月、娘は午前中は寝てばかり。午後は比較的起きてる時間が多かった事を後から思い出しました。もし、睡眠の癖が分かる様で有れば、それを配慮した方が良いと思います。結構疲れます。

さがみ さん

夫の地元の風習で、お宮参りは必ず地元の村の神社で行うことが決まっていました。村の人々が仕切って下さります。子どもに着せる衣装の素晴らしさ=嫁(私)の家柄の格で、安物だと「あそこの息子さんはこんな衣装しか用意できない家柄の娘を貰ったのか」となってしまうとのことで、貧乏な私の実家は困惑しましたが、義実家が良いものを用意してくれました。よく泣く子だったので、落ち着いた3ヶ月目くらいのときにしました。村の神社と、檀家であるために地元のお寺と、2箇所で同じ日に義父母と行いました。衣装は義母が着物、義父と私たち夫婦は軽いよそ行きの服(ジャケット、真珠のネックレス)程度でした。

佐野夕日 さん

初孫だったので、お宮参りの時には、主人の母が、赤ちゃんに着物を買ってくれました。私は、産後1か月で着物を着るのはやはりきつかったので、スーツにしました。両家でお宮参りを済ませた後は、料亭でそろってお祝い膳も頂き、記念写真も撮り、とてもいい思い出になりました。

あっちママ さん

里帰りした場所でお宮参りをしました。両家でできたことがよかったなと思いました。準備や段取りを考えるのがとても大変だったので、次はもう少し楽にできたらと思います。私も赤ちゃんも着物を着ましたが、暑かったので汗をかきました。家から近い場所でお宮参りをした方がよいです。赤ちゃんもすぐにおっぱいをほしがるので、無理ない段取りがよいと思います。

そばかす さん

奈良の実家に里帰り中でしたが、大阪の自宅の近くの神社でお宮参りはしました。衣装は私の弟がお宮参りで35年以上前に着た着物を着せました。そんなに古い着物なのに傷みもほとんどなく、大事に保存してくれていた母に感謝。 本当に親孝行な息子で、当日は心積もりしていた通りの時間に起きて授乳、準備ができて出発。予約ができない神社でピークは過ぎていましたが七五三の時期だったので混むのを心配しましたが、早めに家を出られたおかげで朝イチに我が家だけでご祈祷を受けることができました。 神社に到着早々ウンチをして少々慌てましたが、その後はぐずることもなく30分ほどで終了。予約していた写真館での記念撮影もスムーズでした。

きょん×2 さん

 

その他のお宮参りの体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/06/07


この記事にいいね!しよう

いいね!
25

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。