「無かったことにはできない」心の傷は一生癒えない…仲直り後も妻が離婚届を持っていた理由とは? #僕と帰ってこない妻 439

「僕と帰ってこない妻」第439話。家族を顧みない自己中な夫に愛想を尽かし、一度は家を出たものの、心を入れ替え育児をする夫を見て、家へ戻った妻。

かつて仕事第一だった夫は時短勤務で働き、妻が仕事に振り切る選択をした。ただ、妻が以前夫に切り出した「離婚」について、夫は何も聞けないままだった。

しかし、捨てられた離婚届を見つけてしまい、意を決して妻に聞くと、離婚届は「戒め」のために、持っていたという。

 

夫婦はもともと「赤の他人」であり、「紙切れ一枚で簡単に終わらせることができる関係」なんだと再認識して、「これからも一緒にいられるように頑張ろう」という前向きな意味を込めて、離婚届を持っていたという妻。

 

ただ、長い間捨てることができなかったのには、理由があって……。

 

離婚届を捨てなかったワケとは?

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

「僕と帰ってこない妻」第439話

 

夫が変わってくれたのに、自分の自己満足のために離婚届を記入させるのは違う。夫を不快にしたり、不安にさせるだけだと途中で気づき、離婚届を夫に出さなかった。

 

でも、捨てられなかったのは「前のカズ君に言われたことやされたことを『無かったこと』にはできなかったから」。

 

専業主婦だからという理由で蔑まれ、見下され、家事も育児もすべて押し付け、家族の時間を蔑ろにされ続けたつらい日々は、今夫がどれだけ変わったとしても「無し」にはならない。それだけ、重くて深くて大きな傷となっていた。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    50 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      この余裕は……
      雪穂さんに絶対に彼氏とかそういう相手がいると思う。
    • 通報
      まだやってるんだ。
      進捗性も発展的でもない話 
      あ マンガだからいいのか!
    • 通報
      カズくんが変わった描写は描かれてるけど雪穂さんが変わった描写がないなぁ
      +15 -8

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶