「こんなに大きくなるまで…」医師も驚愕!卵巣が9cmに巨大化!?さらに破裂もしていて!?

25歳のとき、生理中に生理痛とは少し違ったおなかの痛みを感じた私。胃腸炎か何かかな?と思って、内科や胃腸科を受診したのですが、原因がわからず、最終的に総合病院を受診しました。するとそこで、医師に衝撃的な事実を知らされたのです……。

「こんなに大きくなるまで…」医師も驚愕!卵巣が9cmに巨大化!?さらに破裂もしていて!?

 

生理痛とは違うおなかの痛みを感じ…

私は高校生のころから生理痛がひどく、「生理=生理痛で毎月強く痛むのが当たり前」と思っていました。

 

25歳のときです。生理中に下っ腹の少し上あたりが痛く感じ、発熱もありました。「生理痛とは違うかも……」と思った私は、すぐさま近くの内科クリニックへ駆け込んだのです。

 

ところが、内科では原因がわからず、「胃腸の不調かもしれない」と、別の胃腸科クリニックを紹介されました。しかし、胃腸科クリニックでも原因がわからず、大きな病院での受診をすすめられ、あれよあれよという間に総合病院へ行くことになったのです!

 

大学病院で原因が判明! なんと私の卵巣は…

検査の結果、ようやく痛みの理由がわかりました。子宮内膜症が原因で片方の卵巣が9cmまでに膨らんだ、チョコレート嚢胞だと判明したのです! 痛みと発熱は、その膨らんだ部分が少しだけ破裂したために起きたとのこと。できるだけ早く手術して、チョコレート嚢胞を摘出するよう、医師にすすめられました。

 

胃腸炎のような、薬を飲めば治る病気を予想していた私は、手術が必要な病気であると告げられて、脳内が大パニックに。ひとり暮らしだったので、すぐさま田舎の母に電話して事情を説明しながら、大号泣してしまいました。

 

でも、母に話したことで気持ちが落ち着いて冷静に考えられるようになり、医師の言葉に従って早めの手術を依頼。そのあと、母も田舎からきてくれて、診断から1カ月後に人生初の手術を受けました!

 

 

手術を終えて、医師には「卵巣がここまで大きくなっていたのに、おなかの上からさわってポコッてしているのに気づかなかったの?」とビックリされましたが、気にならなかったですし、生理痛は重くて当然という認識でいましたから、まさか婦人科系の病気を発症していただなんて思いもしなかったです。

 

術後2年くらいは「ディナゲスト」という薬で生理を起こさない状態にしていましたが、薬を止めたら生理痛も復活。医師からは「子宮内膜症に変わりはないから多少痛みはあります」との説明がありました。これを機に、年1回はチョコレート嚢胞の再発の有無を確認するため、病院に通っています。生理痛がひどいときは我慢せず、婦人科で診てもらうという意識づけができました!

 

※これは実話に基づいた体験談であり、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

文/たなか りりさん
医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶