記事サムネイル画像

「秘密にしていたのに!」2人の大事な「あること」が知らぬ間に知れ渡っていて

私は大学時代、同級生の彼と付き合っていました。お互い大学3年生になったころ、就職活動を始めましたがうまくいかず……ようやく内定が出たのは、なんと2人とも同じ会社!

同郷ではありましたが、同じ会社に就職しようとは私も彼も思っておらず、決まったときはびっくりしました。しかも、ある不安があり……。

「秘密にしていたのに!」2人の大事な「あること」が知らぬ間に知れ渡っていて

 

仲のいい同期にも秘密の関係

同期として入社した私たちですが、ほかに40人ほどの新入社員がいました。そして、内定式から入社式、宿泊施設での研修を経てそれぞれ仲のいい同期ができた私と彼。当然、同期たちとは「付き合っている人はいるのか」「同期の異性で誰が一番好みか」などの話で盛り上がります。

 

私たちはお互い「付き合っている人はいる」という話に留め、それ以上は話さないようにしていました。しかし、同期たちと友人のように仲良くなっていくと、私は次第に彼と交際していることを秘密にしていることがつらくなってきたのです。

 

彼が上司に打ち明けてしまい…

そんな悩んでいる私をよそに、入社して2カ月のころ、彼は私たちの関係を同じ部署の上司に話してしまい、あっという間に社内に知れ渡ってしまいました。

 

私は「彼氏と同じ会社に入社なんて、今後の評価にどう影響するのか」「このことを聞いた同期の友人たちはどう思うのか」と一気に不安に。でも正直、本当のことを話せて肩の荷が下りた感じもして、よかったと思っている自分もいました。

 

そのため、彼を問い詰めることはせず、自分の上司や同期にも今回の件を堂々と話すことに決めたのです。

 

他人の目を気にし過ぎていた

結論から言うと上司も同期たちも、私たちの関係を悪く言う人は誰もいませんでした。

 

私の上司は「彼は今期の営業、とても頑張っているね」と自ら話題にしてくれることも。同期の友人たちは「全然そんなふうに見えなかった」「仕事もプライベートも一緒ってどう?」などリアクションはさまざま。

 

私も彼も、仕事は仕事として一生懸命に頑張っていたこと、また他部署のため実質一緒に仕事をする機会はほとんどなかったこともあり、私が気にしていたような仕事への悪影響はまったくなかったのです。

 

 

その後、晴れて結婚することとなった私たち。結婚式は上司や同期など会社のメンバーが大多数を占めました。

 

みんなから盛大な祝福を受け、大いに盛り上がった結婚式。式場のカメラマンからは「高砂にこんな人が集まり続ける式は見たことない」と言われたほど。仕事もプライベートも一緒の私たち夫婦、これからも仲良く頑張っていきたいです。 

 

著者/都 うめこ

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →