「害虫がわく汚物の始末まで…」変わり果てた義父の姿に茫然… #虐待をしていた義両親との付き合い方 50

【虐待をしていた義両親との付き合い方 第50話】過去に血のつながらない娘に虐待をしていた義父と認知症を患う義母が暮らす敷地内に住むチャト子さん家族。義父母のお世話をしないと宣言してから数週間後、2人の生活は破綻し、ゴミ屋敷となった家を掃除したときのお話。

 

「誰の助けもいらない」と強引に自宅に戻ってきた義父。「2人のお世話をするのをやめる」とチャト子さんが宣言してから数週間後、義父母の生活は破綻。ゴミや汚物まみれとなった部屋を見て衝撃を受けます。そこから地獄のような時間が始まり……!?

 

変わり果てた義父の姿を見て…

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 50

 

義父母との関わりを断っていた数週間で、すっかり生活が破綻していたことをゴミや汚物まみれの部屋を見て悟ったチャト子さん夫婦。すぐに2人の安否を確認したところ、義母はご飯も食べており、健康状態に問題はなさそうでした。しかし……。

 

奥の寝室で寝ていた義父の顔は、げっそりと痩せこけて青あざがいくつか確認できました。入院したのを機に足腰が弱っていたため、転倒を繰り返して家事をするのが難しい状況になっていたのです。

 

そんな両親の姿を見た夫は、両親との関わりを断っていたことを後悔しているように見えましたが、チャト子さんの本心は「また他の人に迷惑をかけないために、なんとかしなければ」というものでした。その後、夫婦で部屋を元通りにするべく掃除や汚物の処理を始めますが、それは地獄のような時間だったと言います。

 

何よりも義父の病状が心配ですが、認知症を患う義母との2人暮らしは限界に達していることは明白です……。自宅での介護は家族にも大きな負担がのしかかってくるだけに、小さな子どもがいるチャト子さん夫婦の生活にも影響が出てきそうですね……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターチャト子

    2人の子どもを育てるアラフォー主婦。元フリーデザイナー・飲食店経営(火災に遭い休業)。リアルでは人に話せないような実体験などを漫画のネタにして昇華しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶