「僕はノロマだ…」知らないうちに夫を追い詰めていた!?夫婦で異なる生活のリズム

私たち夫婦は『生きているスピード』が違うと感じます。のんびり屋さんな夫に比べて、私は常にせかせかと動きまわっているタイプ。一緒に暮らし始めると、性格の違いからくる生活リズムの違いが、お互いを苦しめることになったのです。

 

「僕はノロマだ…」知らないうちに夫を追い詰めていた!?夫婦で異なる生活のリズム

 

「僕はノロマだ…」知らないうちに夫を追い詰めていた!?夫婦で異なる生活のリズム

 

まるで海外中継!?テンポのずれた夫の返事

同棲を始めて、休日に家で一緒に過ごしていたときのことです。夫は漫画を読んでいて、私は別のことをしていました。夫に話しかけるも返事がないので、「漫画を読むのに集中していて聞こえてないのかな」と、特に急用でもなかったので諦めると、私が話しかけて20秒ほど経ってから「うん」と夫から返事があったのです。

 

この、昔の海外中継みたいな会話の『間』に、同棲当初はなかなか慣れず、私はイライラしてしまうことがありました。

 

集中すると情報処理が追いつかなくなる夫

どうやら夫は、ひとつのことを始めると深く集中してしまい、その他のことに気がまわらなくなるようでした。話しかけた私の声は聞こえていても、いざ返事をする前に、頭の中で整理しなくてはいけない情報が順番待ちをしているような感じなのだとか。

 

夫からその話を聞くまでは、「無視された」と解釈して私自身、勝手に落ちこんだりもしました。今となっては、のんびり屋の夫が自分のペースを守ってゆっくりと行動している様子は愛おしいのですが、まだ夫のことを詳しく知れていないころは、正直イライラしてしまいました。そして、こんなことでイライラしてしまう自分が嫌で、自己嫌悪に陥ることも多くありました。

 

むやみに傷つけるのを避けるために

しかし、夫にイライラして私が自己嫌悪に陥る一方で、生活におけるストレスは夫の側にもあったそうです。

 

ひとつのことに集中するタイプの夫は、家事をするときも同じように、一つひとつじっくりと丁寧にやってくれます。今となっては、おおざっぱな私の目が届かないような部屋の隅々まで掃除してくれたりとありがたい限りなのですが、夫はせかせかと家事をこなしている私の横で、「僕はノロマだ」と落ちこんでいたのだそうです。

 

夫は何も悪くないのに、私がせかせかしているせいで知らないうちに夫を追いつめていたことが、とてもショックでした。それからは、ことあるごとに「あなたのペースでいいからね」「焦らなくても大丈夫」と言葉に出して、夫を気づかうようにしています。

 

 

同棲生活を始めてから、お互いにイライラしたり落ち込んだりすることもありましたが、『お互いの生活リズム』を知れたことはよかったと感じました。何より、相手の行動でわからないことや不思議なこと、心に引っかかることなどはしっかり言葉にして、お互いの考えや気持ちを知ることが大事なんだと学びました。

 

ただ性格が違うというだけなのに、私たちはお互いに、自分を責めて悲しい気持ちになっていたのです。他人と生活をするということは、思った以上に奥深いものです。だからこそ、常に話し合いができる風通しの良さが本当に大事だと思います。

 

著者/つちやです
作画/たぐちまり

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターたぐちまり

    イラストレーターをしています。女性向けのイラストや育児関係の漫画など描いています。お仕事以外でも別名義で息子のゆるい育児漫画描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶