「え、そこつまむの?!」挿入時の恐怖!いざ挿れてみると…?! #ミレーナで人生変わった 3

【ミレーナ入れたら人生変わった 第3話】イラストレーターであり、2児の母でもあるかんべみのりさん。産後に生理が再開すると、重い生理痛に悩まされるようになりました。育児や仕事の両立に加え、毎月つらい生理痛に耐えることに限界を感じ、生理痛対策を検討します。そこで友人に聞いた「ミレーナ」の存在が気になり、かかりつけの産婦人科に相談すると…?!

 

お願いだから麻酔して…

友人からすすめられたミレーナに挑戦すべく、かかりつけの産婦人科を訪れたかんべさん。必要な検査を終え、いよいよ挿入! しかし、挿入時の痛みが気になって仕方ありません……。

 

※ミレーナとは:黄体ホルモンを付加した子宮内避妊器具で、重い生理症状の改善のためにも使用されます。

 

 

 


 

子宮内エコーを見ながら、ミレーナ挿入時のシミュレーションをしてもらうかんべさん。そこで判明したのは、ミレーナをきちんと装着できるように挿入時に器具で子宮口をつまむ過程がある、ということでした。

 

その恐ろしい宣告を受け、思わず「麻酔して〜」と懇願しますが、いざ挿入してみると……案外あっさり終わったようです。ミレーナの挿入時の痛みは個人差があります。特に未産婦の方や子宮口が狭い方は、ミレーナが子宮頸管を通る際に強い痛みを感じる場合があります。

 

婦人科の内診時もそうですが、自分の体の中が今どういう状態になっているのかわからないことも不安要因の1つかもしれません。もしミレーナ装着を検討している方は、挿入時の様子を事前に調べておくと安心できそうですね!

 

監修/助産師 松田玲子

 

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターかんべみのり

    合同会社KAまんが企画代表。ゆるく深く漫画描いたりしています。二児の母で最近はアウトドアにハマっています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶