「こんなに単純な方法で!?」掃除は人任せだった夫が、自ら張り切って掃除をするようになった作戦とは

1歳の娘が激しく後追いをするようになり、私はなかなか掃除の時間が取れなくなってしまいました。夫に掃除をするようお願いをしてみても、なかなか重い腰を上げてくれません。そこで私はとある作戦を思いついたのです……。

娘の後追いで掃除の時間がとれない

娘は1歳前後から後追いが激しくなり、私は思うように家事をする時間がとれないことに困っていました。特に掃除は洗剤を使うこともありますし、汚い場所は娘に触ってほしくないので、娘の相手をしながらするのは大変。

 

私は部屋の汚れが気になりつつも、なかなか掃除ができずにいました。そこで私に代わって夫に掃除をしてほしいと考えたのですが、日頃から人任せな性格の夫。私が掃除をしてほしいと口を酸っぱくして頼んでも、なかなか重い腰を上げてくれませんでした。

 

掃除を報酬制にしてみよう!

そんなときに思いついたのが掃除を報酬制にすることでした。部屋の汚れが気になったら掃除する箇所をリストアップし、その隣に掃除をしたらもらえる金額を書き込みます。すぐに終わるところは100円、カビ取りが必要など手間のかかるところは300円など、金額には箇所ごとに差を付けました。

 

私と夫の早い者勝ちで、掃除をしたほうがその報酬をゲットできるというルールです。夫に提案してみると「こことここを掃除したら……1,000円になるやん! コンビニスイーツ買おう!」とノリノリ! 早速試しに報酬制を取り入れてみることにしたのです。

 

 

掃除へのやる気がみなぎる夫と私!

 

夫は自分が掃除したい箇所を私に取られないように、せっせと掃除に励むようになりました。また、私も報酬が出るとなるとやる気がアップし、隙間時間にスマホを触るのをやめて掃除をするように。普段の掃除とやること自体は変わらないのですが、競い合うとゲーム感覚になり、なんとなく楽しく感じられるのもうれしいポイントでした。

 

報酬を家計から支出することにはなりますが、ハウスクリーニングを頼んだと思えば非常に安価なもの。わが家では掃除の報酬制が私と夫のお気に入りとなり、現在も大掃除のときや来客があるときに頻繁に取り入れています。

 

 

報酬制ならば夫が自分から掃除をしてくれるので、私は「掃除して!」と口酸っぱく言う必要がありません。お互いが気分よく過ごすためにも、報酬制は役立っていると感じました。そして、ひとりだと大変な掃除も、夫とゲーム感覚でおこなえば、楽しく感じられるというのが私の中では大発見! 家事をするのは面倒ですが、うまく周りを巻き込みながらこなせるように、今後も作戦を考えていきたいです。

 

 


著者:榎本まいこ

夫は転勤族で、見知らぬ土地にて甘えん坊な2歳娘を育てています。元幼稚園教諭。育児と保育の経験を活かしながら主に子育て・教育ジャンルで執筆中。趣味は古民家カフェめぐり。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶