記事サムネイル画像

現実は甘くなかった!?すんなりできたトイレに喜んだのも束の間、娘のトイトレは1年以上停滞することに…【体験談】

新型コロナウイルスが流行し始めたとき、外出もままならない生活で思いついたのは、家にいる今ならトイレトレーニングがしやすいのではないかということでした。当初、一度だけすんなりとできたことで、このままおむつが外れるのではないかと期待しました。しかし、現実はそう甘くありませんでした。それきり一度も成功しないまま1年が経ち、娘は3歳になろうとしていました……。

 

喜んだのも束の間…

コロナ禍のある日、補助便座とできたねシールをセットして、わが家のトイトレが始まりました。たまたまタイミングがよかったのでしょう。始めて数日で、おしっこを出すことができました。

 

けれども娘と共に喜んだのも束の間、それきり1週間経っても1カ月経っても、おしっこを出すことはできませんでした。たとえ成功しなくても、トイレに行くだけでシールを貼ってもいいよと言っても、娘は徐々にトイレに行くことを嫌がり始めたのです。

 

母の迷いから停滞期に

このときの娘は2歳で、まだ焦るころではないかなというのが私の本音でした。おむつはずれについて調べてみると、気温の高い時期に下を履かせないで過ごさせるなど、それなりに効果が期待できそうな方法は出てきましたが、後の処理のことを考えると、私は一歩踏み出せず……。

 

そんな私の心を見透かしたかのように、娘はトイレへの興味を失っていき、絵本や動画を見せて促してみても、反応はいまいちのまま、1年近くが経ちました。

 

 

娘が興味を示したものは…

春から幼稚園のプレ保育が始まり、週に1回だけでしたが、娘にとってはたくさんの刺激があったようです。娘が興味を示したのは、トイレよりもお姉さんパンツでした。幼稚園に通うお姉さんたちが履いている、トレーニングパンツのことです。

 

今までも、娘にパンツを勧めたことは何度かあったのですが、ちょうど3歳になり、お姉さんになったという自覚が芽生えたのでしょうか。今度はあっさりと、自分が選んで買ったパンツを履いてくれたのです。

 

パンツを履き始めてすぐのころは、もちろん失敗もしていました。しかし、おしっこが出る感覚を掴めてからは、徐々にトイレに座ってできるようになりました。そして、そのまま順調にトイトレは進んだのです。幼稚園のお姉さんたちを見て、自分ももうお姉さんになったという本人の自覚が、おむつからの卒業につながったようです。親は、そのときを待つということも大事で、子どもはこうやってどんどん成長していくのだなと感じた出来事でした。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

 


著者:矢飼ふゆ子

4歳の娘と夫との3人暮らし。趣味は映画や海外ドラマを観ること。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →