「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

【妊娠したら出産できると思っていました 第9話】Instagramにて自身の体験談マンガを発信されているこいあともまやさん。34歳のときに夫となる「すんさん」と出会い、35歳で結婚。年齢のことも考え、結婚を決めてからは妊活に励むことに。しかし、妊活は予想以上に過酷で……。

現在は第一子をご出産し、息子さんを育てているこいあさんの妊活体験談をご紹介いたします。

 

エゴだと思う。でも…

こいあさんとすんさんは、結婚を決めたタイミングで妊活をスタートさせました。しかし半年経っても実を結ばず……。

 

不妊治療をするのかどうかの話し合いの中で、こいあさんは、すんさんから言われた「不妊治療で子どもを授かれたとして、金銭的に余裕がなくなってしまったら、子どもに大変な思いをさせてしまうのではないか」という言葉が深く胸に突き刺さりました。

 

それは、自身も過去に親から「お金がない」ということで強い言葉をかけられたことが影響していました。「子どもにはあんな思いさせたくない」とは思うものの、金銭的に余裕がなくなってしまったら、母と同じことを子どもにしてしまうのではないか。改めて「親になること」について考えさせられて……。

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

「妊活」をやめる?続ける?私が出した結論は… #妊娠したら出産できると思ってた 9

 

自分のエゴかもしれない。それでもやっぱりすんさんとの子どもが欲しい――。それがこいあさんの本音であり、出した答えでした。ただ、同時にこの段階で「不妊治療はしない」ということも決めたこいあさん。このとき2人で決めていたタイムリミットまで残り3、4カ月。

 

「できる限りのことはやりたかった。 自分の中でまだベストを尽していない気がした」とこいあさんの中で、可能性が少しでもあるならば、最後まであきらめず走り続けたいという思いがあったそうです。そして、こいあさんの思いにすんさんも応えてくれました。パートナーに受け入れてもらえる、それだけこいあさんは心が救われたことと思います。2人の絆にグッとさせられてしまいました。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

こいあさんのマンガは、このほかにもInstagramなど更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターこいあ

    福岡県在中アラフォー。SNSで妊活やPMDDの体験談を発信してます。 うちの猫動画と自作のシュール系ショートアニメにも挑戦中。人生ブレまくってます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶