「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

【妊娠したら出産できると思っていました 第8話】Instagramにて自身の体験談マンガを発信されているこいあともまやさん。34歳のときに夫となる「すんさん」と出会い、35歳で結婚。年齢のことも考え、結婚を決めてからは妊活に励むことに。しかし、妊活は予想以上に過酷で……。

現在は第一子をご出産し、息子さんを育てているこいあさんの妊活体験談をご紹介いたします。

 

子どもに私のような思いはさせたくない

こいあさんとすんさんは、結婚を決めたタイミングで妊活をスタートさせました。しかし半年経っても実を結ばず、すんさんが郵送で検査できる精子検査をおこなったところ、届いた結果には「正常な精子が少ない傾向」と書かれていました。

 

不妊治療をするのか2人で話し合うことになりましたが、すんさんはこいあさんの体の負担こと、そして不妊治療にお金を使ったとして、将来、子どもにお金で苦労をさせてしまうのではないかと危惧していて……。

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

「なんで私を産んだの?」不妊治療を前に蘇るトラウマ #妊娠したら出産できると思ってた 8

 

すんさんの言葉で、自身の過去を思い返したこいあさん。こいあさん自身、幼いころ母から「家にはお金がない」と言われ続けていたそうで、母から強い言葉を浴びせられていたことがありました。その記憶を振り返り「子どもにはあんな思いさせたくない」と感じて……。しかし、自分に金銭的に余裕がなくなってしまったら、母と同じことを子どもにしてしまうのではないか。そんな恐怖心も芽生えたと言います。

 

不妊治療をするかの問題に直面し、改めて「親になること」について考えさせることとなったこいあさん。「考えすぎなのかも」と感じたとも振り返っていましたが、夫婦で子どもを考えるにあたりとても大切なことですよね。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

こいあさんのマンガは、このほかにもInstagramなど更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターこいあ

    福岡県在中アラフォー。SNSで妊活やPMDDの体験談を発信してます。 うちの猫動画と自作のシュール系ショートアニメにも挑戦中。人生ブレまくってます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶