記事サムネイル画像

「え!?」朝起きたらベッドが…!?異様な光景に不安を覚えた私がとった行動は

37歳で3人目を産んでから、なんとなく生理の際の経血量が増えてきた私。気になってはいたものの、3人の子育てに日々追われている身としては自分のことなんて後回し。「ホルモンバランスの乱れかな?」くらいに軽く考えていました。

そのツケが42歳のとき回ってきたのです。月に2回も生理がくるようになってしまって……。

「え!?」朝起きたらベッドが…!?異様な光景に不安を覚えた私がとった行動は

 

3人目を産んでから経血量が増えたような…

37歳のときに3人目を出産して以降、怒涛の日々を送ってきた私。実はこのころから、なんとなく経血量が増えてきているような感覚があったのですが、とにかく3人の子育ては毎日てんやわんや! 自分のことを考える余裕なんてまったくありません。気にはなりつつも、そのまま何もせずに放置していました。

 

40歳になって市の子宮頸がん無料検査を受けたときです。「子宮内膜が分厚くなっているから、子宮体がん検査もしたほうがいい」と言われました。ただ、その後に引っ越しを控えていたため、結局、婦人科には行けずじまい。

 

41歳のころには明らかに経血量が増えて、42歳になると月に2回生理がきたり、夜用ナプキンを使ったことのなかった私でしたが、タンポンと夜用ナプキンを併用しても、朝起きたら経血が漏れてベッドが血の海になっていたことも……。

 

さすがに異常を感じたのと、生理がくるたびに洗濯物が増えることに嫌気がさして、ようやく産婦人科を受診しました。

 

年々経血量が増えていった原因は?

病院で検査をすると、約5cm大の子宮筋腫が子宮のど真ん中にあることが判明! そのせいで経血量が増えたことがわかりました。また、久々の産婦人科受診ということで子宮体がん検査も受けたところ、擬陽性判定。大きな病院を紹介されて、より正確な組織診断をおこなうための子宮内膜掻爬術を受けることになったのです!

 

1週間後、がんではないとわかりましたが、子宮筋腫の大きさ、位置、年齢、もう妊娠希望がないことから、子宮全摘出を決断。43歳で腹腔鏡による子宮全摘術を受けました。術後は4日で退院でき、普段通りの生活へ。問題のない卵巣はそのまま温存できているので、更年期症状がひどくなる心配はありません!

 

毎月悩まされた生理がなくなり、貧血の不安からも解放。傷の痛みもないですし、今は快適に過ごしています!

 

 

今振り返れば、経血量が増えてきたことを放置せず、気づいた時点で病院へ行けばよかったと思います。日々育児に追われ、つい自分をないがしろにしてきましたが、それはかえって家族に心配をかけてしまうとわかりました。

 

「がんかもしれない」とわかったときに夫が誰よりも心配してくれたことや、「自分たちで何でもする!」と言ってくれた3人の子どもたちの言葉がすごくうれしくて、私にとっては家族の絆を感じるとても貴重な体験になりました。それと同時に、「母という存在は家族のためにも健康でいなければならない」と反省。自分の健康を意識するいい機会になりました!

 

監修/助産師 松田玲子
文/まりさん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →