記事サムネイル画像

「失格だったのかな?」至らない自分を責めて不安に…そんなとき義母があるものを渡してきて? #義母の言葉に泣き崩れた話 5

「義母の言葉に泣き崩れた話」第5話。ミカさんのトラウマは、付き合っている人のお母さんに何か言われること。そのトラウマは10年経った今も消えていません。そんな中、現在付き合っている彼氏の実家に結婚のあいさつに行くことに。はたして彼の義母は……?

義実家に到着し、お義母さんに会ったミカさん。それから少ししたころ、ちゃんと自己紹介をしていないことを思い出し焦ってしまいます。

 

すると、部屋の扉が開きました。義妹がおでんを持ってきてくれたのです。

 

「みなさんの分のお皿とか持ってきますね?」とミカさんが言うと……。

 

「うちらはさっき食べ終わりましたよ」と義妹。一緒に食べて親睦を深めると思っていたミカさんは、動揺が隠せません。

 

「私、もうやらかした?」「自己紹介しなかったのがまずかったのかな……」「非常識な人とは一緒に食卓を囲むのも嫌ってことなのかな……」と落ち込んでしまうのでした。

 

2人で部屋食って旅館じゃん!!

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

義母の言葉に泣き崩れた話 5

 

おでんを食べながらミカさんは、自分が至らなかったかもしれないことや、義両親たちと打ち解ける時間を作れなかったことにについて悩み、悲しんでいました。

 

すると、「至らないとかはわからないけれど、そんなに気張らなくていいと思うけどな……」と、すえぽん(夫)。

 

続けて、「そもそもうちの親って、俺の連れてきた人、否定するようなことしないんだよね」「部屋食にしたのも、ミカちゃんに気を遣わせたくなかったんだと思う」と言いました。

 

すえぽんの言葉を信じていいのかなと思いながら、ミカさんは食べ終わったごはんを片付けに廊下を歩いていると……。

 

お義母さんがちょうど帰ってきました。なんとお義母さんは「麻美がうち寒いのに薄着だからって……Mサイズで大丈夫だったかね?」と、ミカさんが薄着なのを心配して上着を買ってきてくれたのです。
 

◇   ◇   ◇

 

寒さを心配してくれた義妹さんと、服を買ってきてくれたお義母さんのやさしさに触れたミカさん。みなさんは義実家に行ったとき、お義母さんやお義父さんなどにしてもらってうれしかったことはありますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターらっさむ

    2人の女児を育てる母。ライブドアブログ・Twitter・Instagramで、ほぼ毎日マンガ更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →