記事サムネイル画像

「あったかい…」やさしさに触れたことで、義実家に対する思いが変わり… #義母の言葉に泣き崩れた話 6

「義母の言葉に泣き崩れた話」第6話。ミカさんのトラウマは、付き合っている人のお母さんに何か言われること。そのトラウマは10年経った今も消えていません。そんな中、現在付き合っている彼氏の実家に結婚のあいさつに行くことに。はたして彼の義母は……?

ミカさんはおでんを食べながら、自分が至らなかったかもしれないことや、義母たちと打ち解ける時間を作れなかったことにについて悩み、悲しんでいました。

 

すると、「至らないとかはわからないけれど、そんなに気張らなくていいと思うけどな……」と、すえぽん(夫)。

 

続けて、「そもそもうちの親って、俺の連れてきた人、否定するようなことしないんだよね」「部屋食にしたのも、ミカちゃんに気を遣わせたくなかったんだと思う」と言いました。

 

すえぽんの言葉を信じていいのかなと思いながら、ミカさんは食べ終わったごはんを片付けに廊下を歩いていると……。

 

ちょうど家に帰ってきたお義母さんと遭遇。なんとお義母さんは「麻美がうち寒いのに薄着だからって……Mサイズで大丈夫だったかね?」と、ミカさんが薄着なのを心配して上着を買ってきてくれたのです。

 

わざわざ私のために買ってきてくれるなんて…

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

 

義母の言葉に泣き崩れた話 6

義母の言葉に泣き崩れた話 6 

お義母さんがわざわざ自分のために上着を買ってきてくれたことに、ミカさんは感動。そして、「この家の人たちはあったかい」。そう感じたのです。

 

義実家はジャッジされるところだから、本音は隠してやっていけばいいと思っていたミカさん。

 

お義母さんと義妹のやさしさに触れた今、自分が考えていたことが浅ましいと思ってしまうのでした。
 

◇   ◇   ◇

 

指先が冷えていて寒いのに、ミカさんのことを優先して気にかけてくれるお義母さん。ミカさんの義実家は、温かい人たちが多くて素敵ですね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターらっさむ

    2人の女児を育てる母。ライブドアブログ・Twitter・Instagramで、ほぼ毎日マンガ更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →