記事サムネイル画像

「今月も妊活無理そう」夫の言葉に衝撃を受けた妻。驚きのあまり言葉を失って #僕たちは親になりたい 8

「僕たちは親になりたい」8話。結婚してからすでに3年が経過した美咲と拓也。2人の間にまだ子どもはできず……。美咲は早く子どもを授かりたいと思う一方で、拓也はそこまで子どもが欲しいと思っておらず、2人の間には温度差が生じていたのでした。

ある日、拓也の帰りが遅くなったことがキッカケで、今まで妊活を後回しにされてきた不満が爆発した美咲。一方で妊活がプレッシャーになっていた拓也は、心の中では(なんで家でも圧をかけられなきゃいけないの? )と思いながらも、本音を話せずにいたのでした。

ひとまずその場を穏便に済まそうと、拓也は美咲に謝罪。さらに、やさしく抱きしめると、近いうちに妊活に取り組む日を作ることを約束したのでした。

 

しかしその矢先に、拓也の出張が決定。

 

申し訳なさそうに謝り、「今月も無理そう……」と言った拓也。美咲の反応は……?

 

夫婦で妊活に取り組もうとした矢先、出張が急に決まって

「僕たちは親になりたい」7話

 

「僕たちは親になりたい」7話

 

「僕たちは親になりたい」8話。

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

 

「僕たちは親になりたい」8話

 

「それは……仕方がないね……」

 

一瞬何かを言おうとしたものの、

仕事という都合上理解するしかなく、

残念な表情でそう返した美咲。

 

「来月はさすがに何もないから……。

必ず……ね……!」

 

後日、拓也はこの件を学生時代の先輩に相談。

 

「そのとき俺、ちょっと

ホッとしちゃったんですよねー……」

 

「妻のことは好きだし、

子どもも授かれたらって思うけど、

いざ迫られると怖いんですよね……」

 

美咲には言えない本音を続けて話し始めたのでした。

 

◇ ◇ ◇

 

「妻のことは好きなのに、妊活になると迫られている感じがして怖いと思っていた」という発言からは、拓也自身も悩んでいたことが伝わってきます。今回の件については、学生時代の先輩に話を聞いてもらっていますが、なかなかこういう話を誰にでもできる訳でもないと思うので、身近に相談できる人がいてよかったですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    ベビーカレンダーでは大人気連載「僕と帰ってこない妻」のほか、「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」など多数連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    111 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      子ども欲しくないのかな?
    • 通報
      今授かれたとしても今の夫だと育児も難しそう。
    • 通報
      でもこんな人がパパになって育児協力するかな

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶