退院後、1週間ぶりに娘を抱っこしようとしたらまさかの展開に!? #ワンオペ育児と救急搬送 最終話

「ワンオペ育児と救急搬送」最終話。へー子さんは出産後、「これから3人での生活が始まるんだ……幸せ……!」と、思っていましたが、深夜に泣き叫ぶフクちゃんのお世話に追われて、毎日ぐったり。夫の帰りも遅く、ワンオペ育児に疲れてしまいます。そんなある日、外へ出たへー子さんは疲れのせいか突然意識を失い、救急搬送! 壮絶な産後のトラブル体験談です。

結局、入院した病院でした検査では何もわからず、睡眠不足の診断で退院したへー子さん。てんかん専門の病院で再度脳波をとることになりました。

 

検査結果は、すべて異常なし。てんかんと思われる箇所もないとのことですが、「異常がないタイプのてんかん」だと先生は言ったのです。

 

へー子さんは、「健康だけれど病気です」と言われたような気がしました。

 

検査の結果が出てから数日後、へー子さんはついに実家に帰ることに。

 

実家へは、レンタカーを借りて夫が運転をすることになっていたのですが、それに対してへー子さんが「レンタカー代もったいないなぁ……」と言うと……。

 

「レンタカー代ケチってへー子さんがひとりで倒れたらどうするの?」「君が倒れたことでいろんな人が動いてくれたんだよ? みんな心配したんだよ! わかってる!?」と夫。

 

へー子さんが軽率な発言をしたことに対して、夫は説教をしたのでした。

 

思っていた反応と違いすぎて…

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

※ 誤)あげなよわ。  →  正)あげなよ。

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

ワンオペ育児と救急搬送 20

 

車を2時間走らせ、へー子さんの実家へ到着。このとき、フクちゃんを実家に預けてから1週間以上が経っていました。

 

へー子さんの心配をよそに、フクちゃんは夜もぐっすり寝てくれて育児用ミルクも嫌がらずに飲んでくれたよう。

 

その後、へー子さんは自分とフクちゃんの寝る場所をきれいにして1カ月を過ごしました。

 

そして、少しでも恩返しができるように毎日掃除して家をきれいにしたへー子さん。約束の日に夫が迎えに来てくれて、自分の家に帰ったのでした。

 

◇   ◇   ◇

 

産後倒れたときはどうなるかと思いましたが、たくさんの人に助けられて今生きているとへー子さん。育児は大変なこと、つらいこともあるかもしれませんが、ひとりで抱え込まずに家族や周りの人、公共のサービス支援などの力を借りて楽しく育児ができるといいですね。これからのへー子さん一家の生活が楽しいものになりますように。

 

監修/助産師 松田玲子


 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターへー子

    Instagramで長女・フクちゃんと次女・苺ジャム氏の育児日記や日常を描いているママ。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶