記事サムネイル画像

「ナナちゃんママと仲が良いの?」他のママ友と話しているとまさかの言葉を言い放ち… #まるでストーカー!?執着ママ 38

「まるでストーカー!?執着ママ」第38話。娘のナナちゃんが2歳の時に新居を構えることになったナナちゃんファミリー。引っ越し先で通い始めたプレ幼稚園で近づいてきたジロウ君ママは、毎朝マンションの窓からナナちゃん親子を監視するなど、異様な行動を見せます。異変に気づいた同じ幼稚園のろくちゃんママが、「ジロウ君のお姉ちゃんが幼稚園だった頃の話」を教えてくれました。ジロウ君ママはある事件をきっかけに、Aママに執着し、その行動はエスカレート。Aママがみんなの前でブチ切れて、以来、2人は話すことはありません。

その後、ジロウ君ママの異様さは噂になり、同じ幼稚園と知ったご近所ママがろくちゃんママに忠告しました。その話を誰にも話さず黙っていたろくちゃんママですが……。

子ども同士が仲良くなったことをきっかけに、ろくちゃんママとナナちゃんママも話すようになりました。そして、ろくちゃんママは2人で話していると、いつもジロウ君ママが輪に入ってくることに気づいたそうです。最初は“仲が良いのかな?”と思っていたのですが、“ナナちゃんママの顔が引きつっているようで気になりました。

 

その後、幼稚園を休んだジロウ君ママが、2人が一緒に帰ったことを知っていたり、自分のことのようにナナちゃんの家の自慢をしたり、“噂通りの人なのでは?”と心配して、ママ友から聞いた昔の出来事を打ち明けました。

 

1番仲が良いのは私

 

ストーカーママ友38

 

ストーカーママ友38

 

 

 

 

ストーカーママ友38

 

ストーカーママ友38

 

ストーカーママ友38

 

ある日、ろくちゃんママが1人でいると、急にジロウ君ママに話しかけられました。

ナナちゃんママと一緒にいる時に話したことはあるけど、2人で話すのは初めてです。

 

珍しいな〜なんて思っていると、「ろくちゃんママってナナちゃんママと仲良いの?」と聞かれました。

 

困惑して、やんわり濁して答えると、黙り込むジロウ君ママ。

 

気まずい沈黙が流れます……。

 

やがて、しばらく黙っていたジロウ君ママがようやく口を開きました。

 

「ナナちゃんママと1番仲が良いの私だから」。

 

急に話しかけられて「仲が良いアピール」をされても、どうして良いか困ってしまいますよね。皆さんの周りには、マウントをとるママ友はいますか?その時は、どのように対応しますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターあべかわ

    小学生の娘、年上夫と3人で楽しく暮らす、ワーキングマザー。アメブロ公式トップブロガー。娘との日常を描いたマンガや、ブログ読者から寄せられた体験談をもとにした連載マンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    80 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →