「赤ちゃんが居てるんやぞ!」少年たちの気遣いに感動した日【体験談】

これは、第1子が生後8カ月ほどのとき、抱っこひもで電車移動しているときの話です。とても感動した体験談をご紹介します。

 

赤ちゃんが泣かないかとヒヤヒヤしていたら…

生後8カ月の第1子と電車に乗っていたときのこと。泣きはしないかとヒヤヒヤしながら端の席に座っていたところ、ドドドドーと、小学校低学年くらいのサッカー少年たちが20人ほど乗車してきました。子どもは寝ておらず、キョロキョロと辺りを見回していました。 
 

そのとき、私たちに気付いた1人の少年が、「おい!おまえら静かにせえよ。赤ちゃん居てるんやぞ」と、言ってくれました。少年たちから一気に注目を浴び、気恥ずかしいやらでしたが、水を打ったように静かになりました。

 

そんな少年たちのように育ってほしい

私はそんな少年たちを見て、心の中で「キャプテーン(泣)」と大感動しながら、「お兄ちゃんたちありがとう」と、言いました。

 

子どもでも赤ちゃんを気遣う心と行動力があるのだなと、感動しました。そして、今末っ子長男(生後8カ月)を育てています。あのときのキャプテンのような、かっこいい男の子になってほしいなと思います。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶