記事サムネイル画像

「俺に恥をかかせるな!」夫に意見するのは無駄だと思ったけれど #理想の隣人 16

【理想の隣人 第16話】2人の子どもと夫と暮らすライコミさん。嫁姑、隣人、ママ友、夫婦、毒親……。ありとあらゆるトラブルに巻き込まれていく波乱の体験談です。家族ぐるみの付き合いをしていたミドリさんから引き受けた頼みごとが徐々にエスカレートしていくのと同時に、2人の間に溝ができてしまったときのお話。

賞味期限切れやギリギリの食材が詰まった段ボールを見つけた夫にライコミさんが事情を話すと、「客にこんなものを出すなんて失礼だ!」と怒り出した夫。ライコミさんは仕方なく夫の言葉に従い、いつもよりも豪華な晩酌を用意。「うちのは馬鹿で客のもてなし方も知らなくて」とミドリさん夫婦にいい顔をする夫の言葉にゾッとしてしまいます。そんなある日、娘の一言にハッとする出来事が……!?

 

手放しで歓迎できなくなっている自分に気づき…

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

 

理想の隣人16

 

理想の隣人 16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

理想の隣人16

 

ミドリさん夫婦が帰ったあと、もらった食材はひとりで食べきれる量ではないと夫に再度相談したライコミさん。しかし、「賞味期限が切れたら捨てればいいだろ!」と言われてしまいます。


「もう夫に意見するのはやめよう……」と、あらためて思ったライコミさん。そんなライコミさんの姿を見て、娘のヒマリちゃんは「パパって絶対キッチンこないし、黙って使えばバレないって」と励ましてくれます。その言葉で、何もかも夫の言いなりになる必要はないとハッとしたライコミさん。そして、以前姑のことで悩んでいたとき、同じように励ましてくれたミドリさんを思い出しますが……。


あのときはとても頼りにしていたはずなのに、最近はミドリさんを手放しで歓迎できなくなっている自分がいることに気付いてしまうのでした。

 

ライコミさんは、ただ味方になってほしい、話を聞いてほしいと思って夫に相談したのに、叱られてしまっては悲しいですね。そんなとき、わが子に励ましてもらえて、とてもうれしかったのではないでしょうか。そんな相手がママ友にもいると心強いですが、言動に疑問を抱き始めている相手に対し、心を開くのは難しいですよね。ここは無理せず、一定の距離を保つのが賢明かもしれません。


「理想の隣人」のマンガは、下記にて掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターライコミ

    在宅勤務10年目突入の引きこもり母さん。InstagramとTwitterで、自分やフォロワーさんの体験談をマンガにして紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    24 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶