記事サムネイル画像

「ママ、私いらない子?」近所の子が自宅に入り浸り、娘の様子に変化が…!? #私はいらない子 1

【私はいらない子 第1話】娘のミホちゃんと夫のミノルと暮らすホノカさん。夢の新居に越してきて1カ月が経ったころ、夫が交通事故に遭い入院。それを機に、ほぼ毎日のようにサオリという女の子が家にやって来るようになり、平穏だった日々に影を落とす出来事が次々に起こっていき……。しろみさんが描くフォロワーさんの体験談です。

ホノカさん一家はどこにでもいる平凡な3人家族。幸せに暮らしていましたが、ミノルが事故で入院してから、ミホちゃんの様子に変化が……。ミホちゃんが「私いらない子?」と悲しい顔をするようになったのには、深刻な理由がありました。

 

ほぼ毎日遊びにくるサオリ

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

 

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

 

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

 

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

 

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

 

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

私はいらない子 1

 

新居に引っ越して1カ月、家族3人の新しい暮らしが始まる!と喜んだ矢先に、夫のミノルが事故で入院。ホノカさんは娘のミホちゃんとしばらく2人で過ごすことになりましたが、そこに割って入ってきたのが近所の女の子サオリちゃんでした。


顔立ちは綺麗ですが、いつも同じ服を着ているサオリちゃん。ほぼ毎日家に来ると、娘のために買ったブランコに、わが物顔で乗って遊んでいます。ミホちゃんはそんなサオリちゃんの様子を気にしていない様子ですが、ホノカさんはサオリちゃんに鬱陶しさを感じ、心の中でモヤモヤを募らせていくのでした。


本来なら歓迎したい娘の友だち。ですが、ほとんど毎日遊びに来て、まるで自分のもののように娘の遊具を使う姿を見ていると、訪問を素直に喜べなくなってしまいますよね。娘が嫌がっていないのに、大人が拒否するのも……と思うと、ホノカさんが自分を抑えてしまう気持ちもわかります。お子さんの友だち関係に口を挟むべきか、自由にさせるべきかは悩ましい問題です。特に、遊び相手の保護者と面識がない場合はなおさら迷んでしまいますよね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターしろみ

    自身が経験した育児と家族のことや、知人の体験談をもとにマンガを描いています。著書に「なんでも横取りする妹が嫌い」(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    86 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      なんで鬱陶しいんだろう
    • 通報
      似た話前も見た。それは息子だったけど。 居座ってる子が、主人公の息子さんに、本当は娘が欲しかった。って吹き込んでたってはなし。 似たような話ばっかりだけど、世の中には随分と家に上がり込んで居座る子供が… もっと見る
      似た話前も見た。それは息子だったけど。
      居座ってる子が、主人公の息子さんに、本当は娘が欲しかった。って吹き込んでたってはなし。
      似たような話ばっかりだけど、世の中には随分と家に上がり込んで居座る子供が多いんだねw 
      +42 -2

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎