記事サムネイル画像

「やらかしたぁぁ」気づいたら服にべっとり!事情を話すと彼は?

結婚中は友だち付き合いがまったくできなかった私。その反動なのか、離婚してからは友だちや出会いを求める機会を積極的につくっていました。この日も9歳年下の男友だちと食事に行き、楽しく過ごしていたのですが……。

「やらかしたぁぁ」気づいたら服にべっとり!事情を話すと彼は?

 

生理2日目、9歳年下の男友だちと食事に行ったら…

結婚を機に友人と疎遠になってしまった私。それぞれが家庭を持って忙しくなってしまったこともありますし、海外や他県に引っ越した友人もいて物理的にも距離ができてしまい、気軽に会えなくなってしまったのです。

 

穴が開いていた友人との時間を埋めるかのように、32歳で離婚して以降、私は友だちづくりや出会いを求める機会が増えていくように。男友だちとの付き合いも多くなりました。

 

その中で私が34歳のときに親しくなったのが、9つ年下の25歳の男性です。何度かごはんに行くほど仲よくなり、この日も食事に誘われて、ショッピングをしてから火鍋のお店でおいしい料理と長時間のおしゃべりを楽しみました。

 

お会計を済ませたあと、彼にはお店の外で待っていてもらって、私はトイレへ。実はこのとき生理2日目で、経血量が多いことを自覚しているのに朝から一度もナプキンを交換していなくて……。

 

結果、ローズピンクのパンツだけでなく服にも経血がべっとりつくという大惨事に!!

 

事情を説明すると彼の反応は?

血の気が引いた私は、さっきまで自分が座っていた席を確認しに戻ると、やはりシートにも経血がべっとり……。黒の革製だったことでかろうじて目立ちはしなかったものの、急いで拭き取り、店員さんに事情を説明して謝罪しました。

 

外で待つ友人にも経緯をすべて話すと、すぐに「服、買いに行く?」と提案してくれましたが、「自分の車に戻りたい」と告げると、駐車場まで付き添ってくれました。

 

このとき、大きな駅の駅前にいた私。人通りが多く、さらに駐車場が離れていたので泣きそうでした……。さらに、服に付いた経血のシミを隠そうと、真っ白なショルダーバッグをおしりにずっと当てていたせいで、バッグが赤く染まってしまったのです。帰宅後も車の運転席を除菌シートで拭き取らなければならず、最悪の1日でした。

 

唯一の救いは、彼の態度が変わらずにいてくれたこと。私に気をつかってくれたのだと思います。普通ならジェントルマンの彼に惚れるところですが、なんせ25歳で将来有望な彼に比べて、私は9歳年上のバツイチでなんとなく気が引けてしまい、結局交際には至りませんでした。ただ、あのときの感謝は今も忘れていません!

 

 

このような失敗体験は、このとき一度きり。以降、生理2日目は頻繁にトイレへ行って様子を確認するようになりました。今も経血漏れは怖くて仕方ないですが、自分に合った生理用品を試しながら対策していこうと思っています!

 

監修/助産師 松田玲子
文/恋は真っ赤に染まらずさん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      生理2日目で朝から一度もナプキン変えないのはありえない。ズボラ過ぎるし衛生観念やばいです

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎