記事サムネイル画像

娘の親の顔色を窺う言動に衝撃!驚きの理由を知った夫がまさかの発言を #親子トラブル 9

「母の笑顔が私の幸せ」第9話。ライコミさんは、「妻の鏡」と周囲から一目を置かれるほど家庭に尽くす母親のもとで育ちました。「あなたはママの大事な宝物よ」といつもやさしい言葉をかけてくれる母親のことが大好きだったライコミさん。大人になってもその思いは変わっておらず、ほんのささいなことでも母親にアドバイスを求め、母親が喜ぶ選択をすることが当たり前のようになっていました。

このままではいけないと思ったライコミさんは、娘・リンが寝た後に夫と話し合うことに。すると寝ていたはずのリンが起きてきて泣きながら謝罪。「私が悪い子だからママが怒られる」と言うのです。ライコミさんは、リンのセリフに思い当たる節があって……?

誤解している様子のリンに、かつての自分の姿を重ねるライコミさん。無意識のうちに、母親と同じように自分を卑下する言葉をリンの前で使っていたことに気付いたのです。

リンが自分を責めるのは私のせい…?

母の笑顔9-1

 

母の笑顔9-2

 

母の笑顔9-3

 

 

 

母の笑顔9-4

 

母の笑顔9-5

 

母の笑顔9-6

 

 

 

母の笑顔9-7

 

母の笑顔9-8

 

母の笑顔9-9

 

 

 

母の笑顔9-10

 

母の笑顔9-11

 

母の笑顔9-12

 

 

 

母の笑顔9-13

 

母の笑顔9-14

 

母の笑顔9-15

 

 

 

母の笑顔9-16

 

母の笑顔9-17

 

母の笑顔9-18

 

 

 

母の笑顔9-19

 

母の笑顔9-20

 

母の笑顔9-21

 

リンが誤解したのは「至らない私のせい。」と、またもや自分自身を責めるライコミさん。


今の気持ちをすべて夫・リョウタに話すと、彼は「僕は君のことを至らない母親だなんて思ったことないし、それはリンも同じなんじゃないかな。」と。

 

するとふと、リョウタはライコミさんと義母の気持ちが同じなのでは? ということに気付きます。

 

「娘を大切に思っているにもかかわらず、どう声をかけていいのかわからないかもしれない。」と義母の不器用なやさしさだと思いやるのでした。

 

ライコミさんの母親も、かつては自己肯定感の低い自分に悩んだ経験があるのかもしれません。

 

ですがライコミさんの父親は、いわゆる昔ながらの父親で家事や育児を行わないタイプ。母親は娘を立派に育てるため、ひとり奮闘してきたのでしょう。


一方のライコミさんは、幸いなことに夫が育児・家事にも積極的で妻の話にも真剣に向き合うタイプ。


すぐに自分に自信を持つことはできなくても、夫婦で協力し合いながら子どもがのびのび成長できる環境をつくってあげてほしいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターライコミ

    在宅勤務10年目突入の引きこもり母さん。InstagramとTwitterで、自分やフォロワーさんの体験談をマンガにして紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    25 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →