医療 助産師REIKO 出産 陣痛 無痛分娩・和痛分娩

無痛分娩・和痛分娩って? お産にまつわる“痛み”を助産師が解説【3】

出産のイメージ

 

こんにちは! 助産師のREIKOです。以前、「産痛(さんつう)を和らげる方法」についてお話させていただきました。

 

前回、お話したのは、医療介入を必要としない方法でした。今回は、医療介入を必要とする方法、「無痛分娩」と「和痛分娩」についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

無痛分娩と和痛分娩

お産のときの痛みが強くなると、ママの体には力が入り、全身の筋肉が緊張した状態になります。加えて、お産への不安や恐怖心が強いと、痛みをより強く感じて悪循環に……。このような状態が続くと、ママは疲労し、陣痛が弱まったり、お産が長引いてしまうこともあります。

 

お産の経過中に生じる痛みやママの疲労を和らげ、お産をすすめる目的でおこなわれるのが「無痛分娩」です。無痛分娩には、薬剤を使用しない方法と薬剤を使用する方法があります。薬剤を使用しない方法は、お産への不安や恐怖感を取り除くことで痛みを和らげる方法で、ソフロロジー分娩やラマーズ法などがそれにあたります。

 

薬剤を使用する・しないにかかわらず、お産のときの痛みを完全になくすことは難しいので、方法は同じであっても、「和痛分娩」と呼んでいる産院もあります。

 

薬剤を使用する方法

無痛分娩のイメージ

 

現在、無痛分娩の主流となっているのが、「硬膜外麻酔」による方法です。背中から麻酔を投与し、痛みを和らげます。細ーいチューブを留置することで、長時間のお産でも麻酔を続けることが可能です。この方法は、帝王切開後の痛み止めとしても使用されています。

 

また、子宮口が全開したあと、陰部神経に局所麻酔をする方法もあります。特殊な針を用いて、腟の壁から薬剤を注入します。この方法は、痛みの緩和だけでなく、会陰の緊張もとることができるので、お産の進行をすすめるという目的にも使われます。

 

そのほかに、お薬を注射したり、点滴をしたりする方法、麻酔薬を吸入する方法などがあります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。