記事サムネイル画像

「なんで!?」久しぶりに帰った実家で驚愕。あるはずの物が…ない!?

久しぶりに帰省した実家で2泊する予定だった私は、実家にストックしていると思っていた「ある物」がないことに衝撃を受けました。そのとき、私が考えたこととは……!?

「なんで!?」久しぶりに帰った実家で驚愕。あるはずの物が…ない!?

 

久しぶりの帰省のタイミングで生理に!

久しぶりに実家に帰ろうとしていた日の朝、私は生理になりました。ナプキンをショーツに当てながら「ナプキンを持っていかなきゃな」と、実家にいる間必要な量のナプキンを準備していたのですが……。

 

ふと「実家に昔使っていたナプキンがまだ残っているかも」と思いつきました。そこで、深く考えず「移動中に必要な量だけでいいか」と数枚のナプキンを荷物の中に入れて、家を出発してしまったのです。

 

あれ、ナプキンは?

「実家にナプキンはあるだろう」と思いこんでいた私は、実家に着いてナプキンを収納していた戸棚を開けてびっくり! 

 

戸棚の中には、かつてストックしていたナプキンが1枚もなかったのです。ナプキンがないなんて思ってもみなかった私は、トイレの中でしばらく固まってしまいました。

 

そして、持ってきたナプキンだけでは足りなかったため、すぐに実家の近くのドラッグストアへナプキンを買いに行くことに。

 

なくなったナプキンから考えたこと

無事にナプキンを入手できてから、母になぜナプキンがないのかを聞いてみると、「実家ではナプキンを使う人がいないのよ。あなたがごっそり持ち帰ったでしょ」ということでした。

 

母自身はもう生理がこなくなっていて、姉妹もいないため、実家では私以外にナプキンを使う人はいません。私自身、ナプキンを持ち帰ったことをすっかり忘れていたようです。

 

母の話を聞いて、実家ではもう日常的にナプキンを使う人はいないのだと思うと、ナプキンを使う生活はずっと続くものではないのだなと改めて気づきました。

 

そして「私にとって、ナプキンが家にあるのが当たり前でしたが、ほかの人にとっては当たり前とは限らない」とも感じたのです。

 

 

私は毎月生理がきていて、ナプキンを使う生活を送っています。しかし、いつの日か生理がこなくなり、それが当たり前ではなくなる日がくるのだと思いました。いつか「生理がきていた日が懐かしい」と思う日がやってくるかもしれない。そう考えると、毎月生理がくることに感謝しようと思えた体験でした。

 

著者/nanoka22
イラスト/赤身まぐろ
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶