記事サムネイル画像

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

【恋愛経験ゼロの私が初デートで急に告られた話 第26話】本作は、恋愛ものを中心にInstagramで女性向けのコミックエッセイを投稿している野花このんさんが、実体験をもとに描いた作品です。大学のサークルの先輩・ミヤさんから突然告白され、恋愛経験がないこのんさんは、どうすればいいかわからず悩んでしまいます。そんなとき、友人から「嫌いじゃないならデートしてみたら?」とアドバイスされ、ミヤさんからのデートのお誘いを受けたのでした。

 

あの言葉がきっかけで彼の様子が急変して!?

待ち合わせ場所に来たときは、「告白を保留にしている状況なのに今日1日楽しめるのかな? どういう態度で接したらいいんだろう」と、不安と緊張でいっぱいだったこのんさん。しかし、今回のデートを通じてミヤさんがとてもやさしい男性だとわかり、会話もとても盛り上がって「ミヤさんと一緒にいると楽しいな」と思うように。「そろそろ帰ろうか」と駅へ向かい始めるミヤさんに、このんさんは胸を最高潮に高鳴らせながら、「あの……!」と声をかけます。

 

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

 

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

 

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

 

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

 

「ふ…震えてる!?」彼の様子をおかしくさせた1つのキーワードとは!? #経験ゼロで告られた 26

 

このままデートが終わってしまうのは寂しいと思い、とっさにミヤさんを呼び留めたこのんさん。うまく伝えられるだろうかと思いながらも、なんとか言葉を絞り出して「今日は楽しかったです」とまずはお礼を告げます。さらに続けて「告白を保留にしているのがすごく悪い気がして」と、返事をするタイミングについて話そうとすると……「ごめん! ちょっとストップ!」と、ミヤさんが次の言葉を遮り、顔を真っ赤にしながらその場にへたり込んでしまいました。

 

お互い、相手のことをとても意識しているのが伝わってきますね。ミヤさんの気持ちはもちろん最初からわかっていますが、このんさんも「ミヤさんと別れるのが名残惜しい」と感じたなら、それはもう、少なからずミヤさんに対して好意を抱いているといえるのではないでしょうか。あとは付き合うきっかけとなる何かしらのアクションがあれば……というところで、ミヤさんからまさかのストップが。でも、このもどかしくて次に進めない感じも、恋愛の醍醐味なのかもしれませんね。

 


 

野花このんさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター野花このん

    結婚を機にOLから漫画家へ転身! 新婚夫婦の日常をおもしろマンガにしてInstagramで発信している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶