記事サムネイル画像

「え、体が…!?」手術翌日、立ち上がって歩こうとすると!? #おいしそうな名前の病気 10

【おいしそうな名前の病気になってきました 第10話】婦人科でMRI検査を受け、チョコレート嚢胞だと診断されてしまったわみださん。7.5cmにまで腫れてしまった左の卵巣腫瘍を切除するため、5日間ほど入院することになり……あっという間に手術当日を迎えます。

 

入院3日目、リハビリ開始!

手術台に乗せられて麻酔をかけられた瞬間、ふっと意識が遠のいていったわみださん。次に目が覚めたのはおよそ3時間後で、気がついたら手術が終わっていました。その後、術後のおなかの痛みや気持ち悪さ、発熱と闘いながら、何度も起きたり寝たりを繰り返しながら長い夜を越え、入院2日目を終えます。そして迎えた入院3日目、看護師さんの指示で歩く練習をすることになり……。

 

※チョコレート嚢胞は、子宮内膜症の1つです。子宮内膜様の組織が卵巣内にでき、生理のたびに増殖と剥離を繰り返し、卵巣の中に血液がたまります。その古い血液がドロドロのチョコレート状に見えるため、チョコレート嚢胞と呼ばれます。

 

「え、体が…!?」手術翌日、立ち上がって歩こうとすると!? #おいしそうな名前の病気 10

 

「え、体が…!?」手術翌日、立ち上がって歩こうとすると!? #おいしそうな名前の病気 10

 

「え、体が…!?」手術翌日、立ち上がって歩こうとすると!? #おいしそうな名前の病気 10

 

「え、体が…!?」手術翌日、立ち上がって歩こうとすると!? #おいしそうな名前の病気 10

 

看護師さんの「採血させてくださーい」の声で迎えた入院3日目の朝、朝食が再開されて少しずつ普段通りの生活に戻ってきているかと思いきや……出されたごはんはどう頑張っても半分すら食べられず、まだまだ体調は万全とはいえない状態。さらに、手術のときに切られた箇所にはずっと痛みがあり、手術時に体内に入れたガスがまだ残っている影響で、起き上がったり寝転がったりするときには、肩のあたりにも痛みが走ります。

 

そんな中、看護師さんから「歩いてみましょうか」と声をかけられるわみださん。ベッドから立ち上がってみると自分の体が重すぎて、1歩踏み出すだけでもしんどくてびっくりしたそう。それでもなんとかトイレまで辿り着くと、点滴以外のカテーテルを抜いてもらうことができました。

 

ちなみに、おなかを切った翌日に歩くなんて大丈夫なの?と思う方もいるかもしれませんが、術後出血のリスクが高い24時間が経過したら、なるべく早い段階でベッドから起き上がって歩行練習をおこなうことが、早期回復につながるそうです。

 

監修/助産師 松田玲子

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターわみだ

    レース編み×折り紙を使い絵画やアクセサリーを作るアーティスト。夫と2匹の猫との4人暮らし。働いているライブカフェや日常での失敗談、猫についてのゆるゆる漫画を更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶