【体験談】 直接関わっていなくても「育児」。主人と私の役割分担

2017/05/12 21:00
主人があまり育児に積極的ではないことを不満に思いつつも特に何も言わず、主人も私が全部できてるからいいやという感じで何も思っていなかったようです。けれどお互いの思っていた事を言い合ってから、それぞれの得意不得意で役割分担をすることができて、やっと2人で育児をしているなと実感することができました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
夫婦関係

 

私には現在、2歳と1歳の娘がいます。主人とは2まわり近く年が離れていることもあり、考え方などが合わないことも。付き合っているときは、そこが楽しいと思っていたのですが、子育てとなると難しいなと思うことばかりです。

 

お世話はママの仕事。パパは遊ぶだけ!?

主人は子どものことをとてもかわいがってくれるのですが、おむつ替えやお風呂など、育児に関してはノータッチですべて私任せでした。

 

信頼はしてくれているようで、私のすることに口出しもしませんでした。また、私もマイペースな性格もあって、主人が手伝ってくれない不満もありましたが、主人に言うより自分でした方が早いと、とくに主人に言うこともしませんでした。こんな私を見ているので、主人は育児の大変さなんて全然わからなかったようです。

 

初めての娘と2人きりのお留守番

ある日、私が病院へ行くことになり、主人から「娘はみているから大丈夫」と言われ、少し不安でしたが、娘と留守番してもらうことにしました。

 

診察を終えてスマホを見ると、大量の着信履歴が。あわてて家に帰ると、今まで見たことのない主人の疲れた顔がありました。私を見ていて、自分にもできると思っていたそうなのですが、娘がいきなりギャン泣き!何をしたらいいのかわからなくて、オロオロしてしまったようです。


できる・できないを伝えること

その後、留守番の件があってから、主人が私に気を遣ってくれるようになりました。一日中、子どもといることが大変だということを実感したようです。それでも主人はやはりおむつ替えなどは苦手でしてくれませんが、その代わりに私がつらいと話をすると、お風呂そうじやゴミ出しなどをしてくれるようになりました。

 

直接の育児とは言えないかもしれませんが、私の負担が減り、子どもに集中できるようになり、主人も育児に参加してくれていると思っています。

 

 

私たち夫婦はお互いの得意・不得意を伝え、協力というよりは分担をして育児をしました。私は負担が減り、主人も育児に参加できているよろこびを感じてくれたようです。(TEXT:ママライター深田よう子)


  • 4
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

  • 確かに直接関わらない家事を手伝ってくれるだけでも、だいぶ違いますよね。
    昔は夫が育児、家事に参加することが少なかったようですが、拡大家族が多く、近所の人かフラッと訪問してくる時代だったからか、母子二人っきりが少なかった分、手伝ってくれる人がいました。
    が、今は核家族が多く、近所の人とはあまり関わらなくなってきたため、やはり夫の協力は必要ですね。

    2017/05/13 06:05

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。