記事サムネイル画像

「私に頼まないで…」結婚式前夜。1度しか会ったことがない義兄嫁から衝撃のメールが! #変な女が義兄嫁になった話 3

「変な女が義兄嫁になった話」第3話。30歳を過ぎてから婚活を始め、現在の夫に出会い結婚した、こん かつみさん。結婚して1年が経ったころ、義兄から突如「結婚する」と連絡が! しかも相手は、出会ってからわずか1週間の女性!?

義実家へ現れた彼女は、結婚のあいさつに来たとは思えないメイクやファッション。さらには手土産などもなく、手ぶらで登場! 義兄の彼女・F子さんの姿を見た瞬間、直感で「自分とは合わなそう」と思ったかつみさん。初対面にもかかわらず、心のシャッターを閉じてしまいました。

しばらくして、義兄から入籍したことと結婚式を挙げるという報告が。結婚式はF子さんの親戚が多い隣の県でおこなわれることになり……。

 

義兄夫婦の結婚式前夜に…

変な女3

 

変な女3

 

変な女3

 

 

変な女3

 

変な女3

 

変な女3

 

 

変な女3

 

変な女3

 

変な女3

 

 

変な女3

 

変な女3

 

変な女3

 

 

変な女3

 

変な女3

 

変な女3

 

結婚のあいさつ以降、F子さんとかつみさんは一度も会うことはなく数カ月が経ち、結婚式前夜のこと。F子さんから、かつみさんへ初めてメッセージが届きました。

 

「結婚式のプランナーさんへ渡したいので、明日、地元の銘菓を3個買ってきてください」という内容。

 

“え!? 前日の夜9時なんだけど。あいさつのときから1回も会っていないし、連絡すら取っていなかった私に頼む? 式場まで車で3時間もかかるのに……”

 

文句を言いたい気持ちをぐっとこらえ、F子さんからの頼まれごとを夫に伝えると、「じゃあ、途中で寄って行こうか」ということになりました。

 

挙式当日、F子さんに銘菓を渡すと、お代を渡されることもなく「ありがとうございます! では、忙しいので〜」と去って行ってしまいました。

 

モヤモヤするかつみさんでしたが、その後、式自体は滞りなく終わり、なんだかんだ幸せな気持ちに包まれて帰宅したのでした。

 

 

結婚式のプランナーさんにお礼を渡したいのであれば、本来は自分で用意しておくべきですよね。代わりに買ってきてもらうにしても、自分の親族に頼まずに、なぜか一度しか会ったことがない、かつみさんに依頼したF子さん。しかも、立て替えたお代が支払われることはなく、かつみさんがモヤモヤしてしまうのも当然ではないでしょうか。

 

義理のきょうだいとは、家族になったタイミングで連絡先を交換し、定期的に連絡を取り合っておくと、もしものときにスムーズに助け合うことができ、安心かもしれませんね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターこん かつみ

    2018年・2020年・2022年生まれのパワフル3兄弟の育児に奮闘中のヘナチョコママです。エッセイマンガや創作マンガを描いています!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →