【体験談】妊娠後期、便秘からくる痔に悩まされました

2017/05/13 08:00
次女を妊娠中、妊娠後期頃に便秘がちになりました。ヨーグルトや食物繊維の多い野菜を食べるようにしましたが、すぐには解消せず、痔にもなってしまいました。そのときに活躍したのが、ウォシュレットと赤ちゃん用おしりふきです。ウォシュレットは水圧を最弱にして使用すると、痔の痛みが落ち着きました。おしりふきも傷にやさしく重宝しました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
妊娠あるある
便秘

 

妊娠中は、いろいろな面で不調が起きますよね。私の場合、ふだんは腸の調子がいいのですが、2人目を妊娠しているときに便秘になりました。さらに痔にもなってつらい思いをしました。そのときに実践した対策ついてお伝えしたいと思います。

 

妊娠後期、便秘に悩まされる

長女を妊娠しているときはとくに問題なく過ごしていたのですが、次女を妊娠しているときは、おなかがだいぶ大きくなってきた妊娠後期はじめくらいに、便秘がちになりました。

 

そこで、ヨーグルトを食べたり、食物繊維の多い野菜をいつもよりたくさんとるようにしましたが、すぐには解消しませんでした。なんとなく便意はあるのですが、出ないという状態が続き、トイレにこもる時間が長くなっていきました。


便秘から痔になりました

このままではいけない……と、なんとかがんばって排便しようと何日かがんばっていると、ある日、おしりがとても痛くなりました。そうです、痔になってしまったのです。

 

生まれて初めての経験で、しかもおなかが大きいため、よりつらく感じられました。産院での定期健診の際も、「あ、痔になっていますね」と言われ、とても恥ずかしい思いをしました。


ウォシュレットやおしりふきが活躍

そんなときに活躍したのが、ウォシュレットと赤ちゃん用おしりふきです。痔の状態がひどい場合には、ウォシュレットは使わないほうがいいようですが、私の場合、水圧を最弱にして使用したところ、痔の痛みが和らぎました。

 

また、赤ちゃん用おしりふきは、傷にやさしいのか、痛みなくふき取ることができ、重宝しました。今でもちょっとおしりの調子が悪いかな、というときに使用しています。

 

 

患部に与える刺激を和らげ、食事に気を付け続けたところ、便秘は解消され、痔もまもなく落ち着きました。妊娠中は便秘になりがちですので、みなさんもご注意くださいね。(TEXT:ママライター石原みどり)

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。