記事サムネイル画像

「なんでもないわ!」義母の態度に違和感!ふすまの先で繰り広げられていたのは…? #家族のかたち 最終話

「家族のかたち」最終話。母が亡くなり天涯孤独になった年、兄弟・親戚の多い夫にプロポーズされて結婚した私。家族にあこがれのあった私は、血のつながりは無くとも、せっかく家族ができたのだから認められたいという思いで、どれだけこき使われようと頑張ってきました。しかしある年、親戚のおじさんからセクハラを受けたことをきっかけに、夫婦はお互いの間に眠る「不妊」という問題について、向き合うことになったのです。

「不妊の原因を抱える自分では、君の求める家族を増やせないから別れよう」と涙する夫の姿に、自分が結婚したのは「大好きな夫と家族になりたいから」だということに気付いた私。このとき2人は離婚を踏みとどまりましたが、次の年の正月、さらなる事件が起こったのでした。

 

やっと気付いた、私が求めていた家族のかたち

自分のしたセクハラをなかったことのように捻じ曲げて話し、威張り散らす親戚のおじさん。


我慢ならなくなった私は、一言注意するため、親戚たちのいる広間へと向かったのでした。

 

家族のかたち3-1

 

家族のかたち3-2

 

家族のかたち3-3

 

 

家族のかたち3-4

 

家族のかたち3-5

 

家族のかたち3-6

 

 

家族のかたち3-7

 

家族のかたち3-8

 

家族のかたち3-9

 

 

家族のかたち3-10

 

家族のかたち3-11

 

家族のかたち3-12

 

 

家族のかたち3-13

 

家族のかたち3-14

 

家族のかたち3-15

 

 

家族のかたち3-16

 

家族のかたち3-17

 

家族のかたち3-18

 

 

家族のかたち3-19

 

家族のかたち3-20

 

家族のかたち3-21

 

 

家族のかたち3-22

 

家族のかたち3-23

 

家族のかたち3-24

 

義母の制止を振り切って部屋に入ると、親戚から子どもがいないことについて心無い言葉を浴びせられる夫の姿が。


義母には不妊の原因が夫であることも話してあったので、なぜ矢面に立たされた夫をかばってくれないのかと、主人公は家族として義母の態度に腹を立てます。


主人公は夫を連れ出し、この年、ついに夫の親戚と縁を切ったのでした。

 

 

 

 

家へ向かう帰り道、お互いがお互いを思いすぎて無理をしていたことを知り、2人で生きていくことを決めた主人公と夫。


気持ちは言葉に出してみないとわからないものではないでしょうか。

特に「家族のかたち」のような目に見えない枠組みを言葉もなしに共有することは難しいものです。


紆余曲折あったものの、ようやく2人で納得のいく「家族のかたち」が見つかって良かったですね。


これからは、誰の言葉に惑わされるでもなく、幸せな家族を2人で作り、守っていけることを願います。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    126 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →