赤ちゃん連れでの引っ越し!荷造りはどうする?

2017/05/24 21:00
赤ちゃん連れでの引越しは、荷造りも赤ちゃんのお世話をしながらになるので、何かと大変なもの。引越し業者の有料の荷造りサービスを利用する、一時保育に赤ちゃんを預けてその間に荷造りをする、身内や友人に荷造りを手伝ってもらう、もしくは身内や友人に赤ちゃんを見てもらってその間に荷造りをする、などの工夫で乗り切りましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
住まい

 

赤ちゃん連れでの引っ越しは、当日までの荷造りも大変。低月齢の赤ちゃんだと、授乳やおむつ替えも頻繁で、作業が中断されがちなうえに、少し大きくなって動き回るようになると目が離せず、これまた作業がはかどらない……。今回は、なんとかスムーズに荷造りをするためのアイデアをご紹介します。

 

荷造りパックを利用する

「おまかせパック」などの名前で、引っ越し会社に荷造りをお任せしてしまう有料のプランがあります。専門のスタッフが荷造りしてくれるので、スピーディーかつ、割れ物などもていねいに梱包してもらえます。

 

難点としては、やはり費用がそれなりに高額なこと。すべての荷物をお願いするのではなく、梱包に手間がかかりがちなキッチン周りだけをお願いするなどの工夫で、予算と折り合いをつけてお願いするのがおすすめです。

 

一時保育を利用する

赤ちゃんを一時保育に預け、その間にテキパキと荷造りしてしまいましょう。お迎えの時間が決まっているので、それまでに絶対にこの部屋の分は終わらせよう!と、気合いも入ります。

 

地域や施設によっては、希望の日時に予約が取りにくかったり、事前に利用登録が必要だったりということもあるので注意が必要です。できれば、ふだんからときどき利用して慣れている施設だと赤ちゃんもママも安心ですね。

 


親やきょうだい、友人に手伝ってもらう

実家が近かったり、近くに住んでいて頼れる兄弟姉妹や友人がいれば、手を貸してもらうのも一案。ただ、いくら親しい仲でも、荷物のなかにはプライベートなものもあるので、そういうものを触られるのはちょっと抵抗が……ということもあるかも知れません。

 

その場合、赤ちゃんをしばらくの間、見ておいてもらい、その間にママはせっせと荷造りという方法も考えられます。

 

 

身近な人に手伝ってもらう場合、食事をごちそうするなど、何らかの形で感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにしましょう。そういう心配りもできると素敵ですよ。(TEXT:ママライター奥田美紀)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。