記事サムネイル画像

「成熟したおばちゃんになろう」生きてきた世界は違えど、ずっとつながっていたいから # 19

「おばさんってダメですか?」第19話。2人の女児を育てる元ライター&編集者のらっさむさん。アラフォー目線で「おばさんってダメ?」を描くマンガを紹介します。

「おばちゃん」と呼ばれることに対して、敏感に反応する人と、そうじゃない人。すんなり受け入れていたはずの友人もまた、6年の不妊治療の末に離婚し「寂しいおばちゃん」にはなりたくないと涙していました。そんな話を聞いたらっさむさんは……。


友人の姿を通してらっさむさんは、「結婚と出産、仕事」というくくりで女性のライフスタイルを書くこと自体が浅はかだったと気付きました。そして、若者からの「おばちゃん」呼びにモヤモヤを感じず、むしろそれは「称号」なのだと自然に口に出せたのです。

 

目指すのは…

おばさんってダメですか? 19

 

おばさんってダメですか? 19

 

おばさんってダメですか? 19

 

 

おばさんってダメですか? 19

 

おばさんってダメですか? 19

 

おばさんってダメですか? 19

 

 

おばさんってダメですか? 19

 

おばさんってダメですか? 19

 

友人のはるみやその知人女性たちの思いを聞いて、私は、「成熟したおばちゃん」になろうと決意しました。社会が未熟でも、既婚や独身、子どものあるなしなど歩んできた人生が違っても、「おばちゃん」としてつながっていきたいと感じたのです。

 

数日後、友人が「居場所がない」という悩みを打ち明けると、「だったら作ればいいじゃない!」と一蹴されました。

 

今は、副業や独立、起業といった選択肢は無数にあって、自分の需要がない会社にしがみついているなんて「アホらしいでしょ」と。た、たしかにその通り……。私はハッとしました。

 

--------------

らっさむさんの考える「成熟したおばちゃん」、すてきですね。おばちゃん同士でつながっていければ未熟な社会も少しは変わるかもしれません。「居場所がないなら作ればいい」という考え方もすごいです。現在の職場を辞めて独立や起業するなどかなりの勇気が必要だと思いますが、それを実現している女性は本当にカッコイイですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターらっさむ

    2人の女児を育てる母。ライブドアブログ・Twitter・Instagramで、ほぼ毎日マンガ更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →