記事サムネイル画像

店員「貧乏人の予約は入ってません」客「私たちを敵に回すとはいい度胸ね」→貧乏人だと門前払いされた親子の正体は

パニ子は代々続く家業の農家を手伝いながら、田舎で両親と暮らしています。長年付き合っている恋人のアキオは幼なじみで、両親とも仲良し。今は東京の会社に勤めているので遠距離恋愛中ですが、週末やまとまったお休みのときは、どちらかのもとで一緒に過ごすようにしています。アキオとのデートはとっても楽しい時間であってほしかったのですが……?

スカッと系人気YouTubeチャンネル「パニコレ」から、「人を見た目で判断するド底辺店員の末路」を紹介します。

 

ものすっごく嫌な感じの店員

アキオに会うために東京にやって来たパニ子。東京駅の新幹線の改札口まで迎えに来てくれたアキオと合流して、アキオのリクエストで予約していた高級焼肉店へ向かいました。

 

「いらっしゃいませぇ~!」と出迎えたのは、「ワダ」と書かれたネームプレートを付けた男性店員。アキオが予約していることを伝えると「お待ちしておりました~!」と言いながら、パニ子の姿をなめ回すように見てきました。そしてその直後、あからさまに嫌そうな顔を見せて「……うあっ」なんてつぶやいてきたのです。

 

その後も、アキオには普通に笑顔で接客しているのに、パニ子にだけは妙に態度が悪く……。お水を頼んだだけなのに「タダっすもんね。了解っすぅ~」なんて言ってくるだけでなく、ご飯の小をお願いしたときにも「一番安いですもんね……」と、こんな感じ。食事はおいしかったし、大きな被害を受けたというわけではないので、特に文句を言うこともしなかったのですが、なんだかモヤモヤが残りました。

 

お会計を終えてお店を出た瞬間、もう二度と行かないと思ったのは言うまでもありません。

 

見覚えのある顔…

アキオとのデートから数週間後ーー。

 

今度は両親と一緒に上京したパニ子。なぜなら、母の誕生日だから。

昼間は東京の高級レストランでパニ子がランチをごちそうし、親子ふたり水入らずで過ごす予定です。 父は日中、人に会わなくてはいけないということで、夜遅くにホテルで合流し、翌日から母と熱海へ温泉旅行に行くそう。そんなわけで、東京に到着してすぐに父とは別れ、パニ子と母は予約しておいた高級レストランへ向かいました。

 

そしてお店のドアを開けた瞬間……。

 

「いらっしゃいませぇ……って、は?」

 

出迎えた店員はパニ子を見て驚いた様子でしたが、パニ子のほうもビックリです。だって、目の前にいたのは、アキオとデートしたときに会った態度の悪い店員「ワダ」だったのだから……。ワダは前回と同様、パニ子たちをなめ回すように見てきてひと言。

 

「うちのレストランに何か用っすか……?」

 

なんて失礼な奴なんでしょう! レストランなんだから、食事をしに来ているのはわかり切っているはず。ちゃんと予約もしていることも伝えたのですが……。

 

「貧乏人の予約は入ってません!!さあ、帰った帰ったぁ~!!」

 

と、まるで虫でも払うかのように手をヒラヒラさせてきたのです。どうやらワダは、着ている服でランク付けをして、態度を変えている様子。アキオは大手に努める営業マンで、上司や先輩社員に普段から質のいいものを身に付けるようにと言われているので、身なりは整っています。だから、あのときはアキオにだけニコニコしていたのか……! パニ子は納得しました。

 

 

直接文句を言いにレストランへ!

高級レストランといっても、ドレスコードもないし、そもそもパニ子たちはワンピースやセットアップなど、ちゃんと場に合った格好をしていました。

 

それなのに「貧乏人がディナーより安く食事できるからと、背伸びして予約したんだろう」とか「牛丼屋がちょうどいい」なんて、言いたい放題。カチンときたパニ子が、母の誕生日で来ていることを伝えても「そうやってお涙ちょうだいしたって、ダメなもんはダメなのぉ!ww」とあおってくる始末。

 

ついに母もプツンときてしまったのか「あんた、覚悟しておきなさいよ?」と言い捨てて、パニ子と共にお店を後にしました。

 

騒ぎを聞きつけた別の店員さんが奥から出てきてくれたものの、あえて説明はせずにそのまま帰ったのです。

 

私たちが誰かわかっている?

少し考えて、やっぱりちゃんとワダに文句を言っておこうという話になり、パニ子は両親と改めて高級レストランへ。まだ開店前のレストランのドアを開けると……そこにはワダがいました。

 

パニ子たちの姿を見て「昨日の貧乏人親子!」と相変わらずの口ぶりです。それを見ていた父も「聞いていた通り、ひどい店員だな……」とあきれ顔。さらに調子に乗ったワダは、パニ子一家に向かって「早く出ていけよ! 二度とうちのレストランに関わるな!」と言ってきました。

 

そこまで言われたら仕方ないと言わんばかりに、母がひと言。「わかったよ。じゃあ全店舗、納品を止めるわねww」

 

そのとき、ちょうどお店のドアが開いて、高そうなスーツに身を包んだレストランのオーナーがやってきました。ワダはオーナーに向かってパニ子一家をクレーマー呼ばわりし、開店前に入ってきて困っていると報告しますが、オーナーがその場で退出を促したのはワダのほうでした。オーナーからクビを通告され、慌てているワダは、訳がわからない様子だったので、オーナーが理由を教えてあげました。

 

「うちのレストランで扱っている高級野菜はね、パニ母さんとパニ夫さんが営む農家から仕入れているんだ」

 

その言葉を聞いて、ワダは当然真っ青に……。当たり前ですが、パニ子一家の野菜が納品されなくなると、このレストランは成り立ちません。事実を知ったワダは、泣いてすがりついてきますが、時すでに遅し。半べそをかきながらトボトボお店を出て行きました。

 

 

孤独な毎日は自業自得

いつものようにアキオに会うために上京したパニ子は、たまたま通りかかった例のレストランでオーナーに泣きながら土下座しているワダの姿を目にしました。借金でもう首が回らない、アパートも家賃滞納で追い出される……なんて聞こえてきます。しかし、オーナーはワダのことを断固拒否。しばらくして、警察に腕をつかまれて連れて行かれました。

 

結局、その後も働ける場所がなくボロアパートの家賃すらも払えなくなって、しばらくは公園生活を余儀なくされたよう。そして、あまりにも食べるものに困って、家庭菜園をやっているおうちの庭に侵入して、野菜を盗み食いしていたらしいのです。もちろん、そんな生活が長く続くわけもなく……。あっけなく逮捕されたようです。まぁ、自業自得としか言いようがないですが。

 

一方のパニ子は、アキオからプロポーズされ、間もなく入籍します。アキオは前から希望していたパニ子の家から近い支社での勤務が決まり、パニ子は今まで通り両親の農家を手伝いながら主婦をする予定です。

 

--------------

身に着けているものの価値で人を見定められるのも気持ちがいいものではないですが、人によって態度を変えるなんて店員としてあるまじき行為です。どんな人が相手でも常に誠実に対応できる人でいられるよう、心がけていきたいですね。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    ライターパニコレ

    スカッと系YouTubeチャンネル【パニコレ!(=PANIC COLLECTION)】で投稿されたエピソードを紹介!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    エンタメの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶