先輩ママが実践中!赤ちゃんの虫刺され予防対策3つ

カテゴリー│暮らし  工夫  安全対策 
2017/06/10 21:00
7

 

そろそろ虫刺されが気になる季節がやってきましたね。赤ちゃんの皮膚はやわらかいうえ、虫刺されに対する免疫ができていません。よって水ぶくれができたり、大きく腫れることが多いですよね。今回は、虫刺されを予防するために心がけている3つのことをお伝えします。

 

続きを読む

虫がいそうな場所に連れて行かない

当然のことですが、虫刺されを予防するためにいちばん大切なことだと思うんです。

 

わが子が1歳のとき、天気のいい日に公園へ出かけたことがありました。遊具で遊んでいるときは虫が気になりませんでしたが、木の下へ移動すると蚊がたくさん。気付いたときには、わが子の腕が赤く腫れあがっていました。

 

蚊は木陰や風通しが悪い場所、水が溜まりやすい場所などを好むそうです。虫がいそうな場所を避けることは、重要だと痛感しました。

 

虫がいそうな場所に行くときは?

できるだけ虫がいそうな場所に連れて行きたくない。そう思っていてもレジャーに虫はつきものですよね。

 

わが子が2歳のときに山へキャンプへ出かけました。山には蚊やハチ、ブヨなど虫だらけです。どんな予防をしていても刺されないことの方が難しいくらい。

 

そこで気を付けたのが服装です。長袖長ズボンを着用し、なるべく肌を露出しないよう心がけました。また、虫が活発になる朝夕はテントのなかで遊ばせるように。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)